要領が悪い人の特徴と行動をしって改善するには?

自分自身で、要領が悪いと思う事はありますか?

同じ仕事を与えられているのに、自分だけなかなか終わらず毎日辛いと悩んでいる人もいるかもしれません。

仕事が出来ない自分から卒業したい!

そんな悩みは、要領が悪い人の特徴や行動を知る事で改善できるかもしれません!

そこで、今回は要領が悪い人の特徴と必ずやっている行動についてご紹介したいと思います。

下記では、要領が悪い人や周りが見えない人の特徴と改善方法についてご紹介していきますが、これらの項目に自分が当てはまっているか同時に、チェックしてみてください。

ドキドキだね

【スポンサーリンク】

要領が悪い人の特徴とは?

では、早速ですが要領が悪い人の特徴にはどういったものがあるのでしょうか?

要領が悪いと仕事がスムーズに進まなかったり、目の前の作業がなかなか終わらず毎日睡眠不足なんて事もありますよね。

そんな人たちは、みんな共通する特徴があるので、自分にも当てはまっていないか是非、チェックしてみましょう。

当てはまっていたら、それを意識して直していけば改善していく近道になりますね!

1.一つの作業が連動してない

作業や仕事は、全てにつながっています。

ある一つの作業は、この先の作業につながっているのです。

しかし、要領の悪い人はある作業や仕事が終わったら、他の作業とのつながりを考える事はありません。

たとえば、5つの作業があったとします。

その中の2つの作業は、共通の準備を行えば一度で済むのに、要領の悪い人は1つ1つの作業としてしか捉えないので、一度で済む準備を二度したりします。

つまり、省けた時間の無駄を省くことが出来ないのです。

2.優先度を考えない

要領の悪い人は、目の前にある複数の作業の中から優先順位を考えず作業に取り掛かります。

そのため、今日中にやらないといけない事が後回しになり、残業しないといけない残念な結果になってしまう事もあるのです。

3.複数の作業をスマートにこなすための順番を決めない

要領の悪い人は、優先順位も考えませんし、目の前にある作業をとりあえずで始めてしまいます。

そのため、二度手間な作業を繰り返してしまったり、片づけることが多くなってしまうのです。

要領のいい人は、目の前の作業に優先順位をつけ、どう進めていけば無駄な作業や時間を省きながら作業が進行していくか、頭の中でシッカリと考えてから作業を開始していきます。

4.複数の作業に手を出す

要領の悪い人は、何かの作業をしている時に別の作業を開始します。

そして、その途中でさっきまでしていた事を思い出し、またその作業に戻るのです。

そして、「あ、そういえば〇〇してない」と思い出し、また別の作業をして・・・と繰り返します。

そのため、様々な作業が中途半端になっていて、結果何一つも終わってないという事もしばしば。

そして、様々な事に手を出すので、頭が混乱し前にしていた作業を忘れてそのまま。なんてこともあります。

5.準備をしない

前もって準備しておけば、スマートに作業が進む事でも、その準備をしてない事が多いです。

それは、「前もって準備しておけば、スマートに作業が進む」という事を分かってない事が大半です、

準備はしているけど、なかなか作業が進まない!という人には、準備の仕方が間違えているのかもしれません。

その作業の目的をしっかりと理解して、先を予想し、準備をする事で効率よく作業がはかどるかもしれません。

6.丁寧にするべき所をせず、手を抜く所を丁寧に

要領の悪い人は、丁寧にしっかりと行わないといけない部分は、適当にしてしまい、反対にそこまで丁寧にしなくても良い所をものすごく丁寧に慎重に行ってしまう事があります。

要領のいい人は、丁寧にやるべき所と少し手を抜いてもいい所の見極めがうまい人が多いです。

要領の悪い人は、そういった見極めが苦手な人が多いようです。

【スポンサーリンク】
あの人気占い師に視てもらおう

在籍占い師数500人以上・全国の実力派の先生が集結

5つの占いの館と提携だから、あの人気の先生とも時間・場所問わず電話鑑定が可能になりました。

恋愛・仕事・人間関係なんでも相談可能

要領の悪い人がしている行動とは?

要領が悪い人の特徴をあげましたが、次に彼らが行っている行動についてまとめてみました。

上記でほぼ答えは書いているようなものですが、分かりやすくするために紹介します。

1.色々な作業に手を出す

誰だって1日に行わないといけない作業や仕事は、複数あると思います。

そうした目の前にある複数の作業を要領の悪い人は、同時に進めようとしてしまいます。

同時に、いくつもの作業を開始する事で、確認や修復などの作業がどんどんと増えて、全ての作業が中途半端になってしまう事もあるのです。

一つ、一つの事を完璧に確実に終わらせるほうが、結果スピーディーに完了できるので、同時に複数の作業を進めていくことは避けたほうが賢明。

2.一度で済む事を何度も繰り返す

一つ、一つの作業を同時に手を出してしまう割には、他の作業との共通点を見つけることが出来ず、無駄な作業を繰り返してしまう傾向があります。

たとえば、資料室に必要な書類を朝、取りに行った時にそのあとの作業で必要になるであろう資料も一緒に持っていけば、一度で済みますが、要領の悪い人は、そうした先を読むことが苦手なので、1日に何度も資料室に行きます。

先を読んで考えて行動すれば一回で済む事なのに、要領の悪い人は、何度も繰り返し無駄な行動をしてしまうのです。

3.優先順位を考えず、とりあえず目の前の事から始めてしまう

要領の悪い人は、目の前の作業や仕事の優先度を考えずに、与えられた順番や目にとまった事から始めてしまう事もしばしば。

要領が悪いのを改善したい時は?

要領が悪い人の特徴と行動を見てきましたが、では実際にこれを改善するにはどうすればいいのでしょうか?

要領が悪いのを直したいという方は、これまであげてきた事をしないように意識して、無駄な時間や作業を省く事が大切です。

CHECK
まとめ
  1. 全ての作業の共通点を探し無駄を省く
  2. 優先度を考えて無駄を省く
  3. 作業を行う順番を決めて無駄な作業を省く
  4. 複数の作業を同時進行せず確実に一つずつ終わらせて再確認や修正などの無駄を省く
  5. 準備をシッカリと行ってスムーズに作業が進むようにする
  6. 丁寧にする所と手を抜いても大丈夫な見極めをする

こういった事を意識して目の前の作業や仕事に取り掛かることが出来れば、改善に近づいているはずです。

詳しくは、「要領がいい人の特徴と必ずやっている行動を知って自分もスマートに」で紹介しているので参考にしてください。