要領がいい人の特徴と必ずやっている行動を知って自分もスマートに

あなたの周りに要領がいい人っていますか?

何をするにも、スマートにこなしカッコイイし憧れますよね!

手際が良くて、てきぱきと仕事をしている姿勢は、誰もが憧れる存在です。

しかし、そんな憧れの存在に自分もなりたい!と思っていてもなかなか難しいものですが、要領のいい人が実際に行っている行動や特徴を知ることで、自分も近づくことができます!

そこで今回は、要領のいい人の特徴と彼らが必ずやっている行動についてまとめましたので参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

要領のいい人の特徴とは?

1.その作業の目的をしっかりと理解しようとする

要領のいい人の特徴として、まずあげられるのは「その作業の目的」をしっかりと理解してから作業に取り掛かる事です。

例えば、上司に「〇〇を明日までにしておいて」と頼まれた時に、その目的をしっかりと上司に聞いたり、理解した上で作業に取り掛かります。

これは、相手が求めている事をしっかりと理解した上で作業に取り掛かったほうが、後々にその作業をやり直すリスクを軽減できるからです。

相手が求めている事を理解しないまま、作業を進めて提出したとしても相手が納得しなければ、その作業のやり直しが発生し、他の仕事にも影響が出てしまいますよね。

要領がいい人というのは、そういった先のリスクについてなるべく無くすために、前もって相手の求めている事や目的を知った上で作業に取り掛かるのが当たり前になっている事が特徴です。

2.複数の作業をまとめてやる時は、組み立ててからスタートする

複数の作業を決まった時間に終わらせないといけない時ってありますよね。

そんな時、要領の悪い人は何も考えずとりあえず、目の前の作業からスタートしていきます。

何も考えず始めてしまうので、出来ない事が発生してしまうと手が止まり、先の作業に悪影響を及ぼし、決まった時間までに終わらない。という事が発生してしまいます。

そして、何も考えず目の前の作業からスタートする事で、無駄な作業が発生してしまったり、一度の準備で出来た事でも、二度準備したりなど同じ作業を繰り返し、時間の無駄を発生させ決められた時間内に終わらないという事もあります。

しかし、要領のいい人は、複数の作業をどこから始めていけば、無駄な作業をせずスマートに終わらせる事が出来るか頭の中で組み立ててから作業を始めます。

頭の中で組み立ててから作業をスタートする事で、無駄な作業や同じ作業を繰り返さないという時間の無駄を省く事が出来るので、決められた時間内に終わらせる事ができます。

そして、万が一、出来ない事が発生したとしても、時間の無駄を省いて作業してきた分、時間に余裕があるため、上司に聞いたり取り扱い方法を読むなど、様々な対処法を試みる時間の余裕も発生しているため、終わらせる事が出来るのです。

3.焦るのが嫌いなので、前もって準備しておく

仕事をスマートに手際よくこなしている人は、焦るのが嫌いという人もいます。

焦るとミスをして、作業が遅れ、1日の仕事が終わらない可能性もあるという事をよく知っているからです。

そのため、自分が焦らないように前もって準備をして、当日にスマートにこなせるようにしている事も多いです。

1日の作業が前もって決まっているのなら、どういったように進めていけば、要領よく物事を進ませることが出来るのか、頭の中で考えて順番を決めておくのです。

そして、その作業に必要なものがあれば、前もって準備しておくなどもあります。

手際よく仕事や作業をこなしている人は、しっかりと努力や準備をしている人も多いのです。

運命が変わる時

あなたの運命を変えるメッセージを受け取りませんか?
あなたの選ぶタロットカード、生年月日や血液型を元に、あなたの運命を占います。

4.一度に多くの事を同時進行させない

要領がいい人は、一度に多くの事をこなしていると勘違いされますが、実際はそんな事はありません。

要領がいい人は、1番でもあげたようにどのように作業を進めていけば、スマートに終わるのか順番をある程度決めて、組み立ててから作業を開始します。

そして、確実に一つ、一つのことを終わらせてから次の作業にうつります。

確実に一つ、一つのことを終わらせてから次の作業にうつる事で、効率が上がる理由としては、修正や再確認などの手間を何度も繰り返さない点にあります。

同時に、色々な事をしていると、「あれ?あれやったけな?」「あ、そういえば、〇〇してないや!」と作業の途中で不安になったり思い出したりして、また前の作業に戻ります。

そして、前の作業に戻る事でその時していた作業も中途半端になり、全ての作業が中途半端になるのです。

ひどい場合は、自分が何をしてたか忘れて、どんどん色々な事に手をつけてやりっぱなし。という人もいます。

こんな無駄な事はありませんよね。

こうした「無駄な時間」を要領がいい人は嫌いますし、なるべく作らないようにしています。

5.トラブルやクレームを起こさせない努力を誰よりもしている

要領のいい人というのは、「無駄」を嫌います。

そして、トラブルやクレームといった防げたかもしれない事に対して、発生しないように細心の注意を払っています。

トラブルやクレームといったものは、発生してからの対処は、時間も労力も取られるので、本当に避けたいものですよね。

もちろん、防げない事もあるかもしれませんが、自分のミスでクレームになってしまったりトラブルになったら、後々自分が大変な思いをするのを十分理解しています。

そのため、ミスしないように常に注意し、細心の注意を払うことでそういった事を未然に防いでいるのです。

6.丁寧にするべき事と手を抜いても大丈夫な所の見極めがうまい

要領のいい人の中には、丁寧に慎重に行わないといけない所はとっても丁寧にしっかりと行うけど、手を抜いても大丈夫な所では手を抜くのがうまい人もいます。

つまり、そうした見極めがとてもうまいのです。

手を抜いても大丈夫な所をうまく手を抜くことで、丁寧に行わないといけない所に時間をかけられるので、全てを平等に行っている人よりは、丁寧さが増すので上司に褒めらる事もしばしばです。

【スポンサーリンク】
運命は変えられます

占いたいことを思い浮かべ直感に従い、選んだカードがあなたの「運命」を変える!

あなたを幸運に導くメッセージを届けてくれる【タロット鑑定】が、特別に期間限定で≪無料キャンペーン中≫です。

タロットからメッセージを受け取ることで、未来をより明るいものに変えることができます。

【>>お試し無料鑑定はコチラ!
未来を変えるためにお試し無料鑑定で占う

要領のいい人が必ずやっている行動とは?

要領がいい人の特徴を紹介してきましたが、次に彼らが実際に行っている行動をまとめていきます。

もう、ほぼ特徴の中にやるべきことは書いてありますが、分かりやすくするために下記にまとめます。

彼らの特徴を知って、彼らの行動を真似すれば、あなたもきっとてきぱきと仕事をこなすスマートな存在になれるはずです!

1.目の前の作業の優先度を考える

要領がいい人は、1日の作業や仕事の中で優先度を決めています。

今日やらなくてもいい事に一生懸命になって、時間を取られ、今日中に提出しないといけない事が終わらず残業なんて無駄な事はしません。

なので、1日の中で常に優先順位を決めてから作業をこなしています。

2.その作業の目的を知る

要領のいい人の特徴の中でも紹介したように、その作業の修正ややり直しという無駄を省くために、その作業の目的をしっかりと理解してから作業を始めます。

相手が求めている目的を知る事で、その作業のゴールがしっかりと相手と一緒になるようにしているのです。

そうする事で、その作業のやり直しや修正という無駄な時間を省く事が出来るので、どんどん次の作業へうつる事が出来、仕事を沢山こなしていく事が出来るのです。

3.作業の順番を組み立てる

決まった時間までに複数の作業をしなくてはいけない時など、要領のいい人は頭の中でどう作業を進めていけば出際よく終わるのか、考えてから作業を始めます。

例えば2つの作業で、共通の準備作業があれば、前もって順番を組み立てておくことで、準備が一度で済みます。

そして、順番を組み立てて作業をする事で、後始末、後片付けなどもスマートに終わらせる事が出来るのです。

分かりやすい例で言うと、料理の時に要領がいい人は後片付けまであっという間に終わってますよね。

そういう人達は、洗い物をなるべく出さないようにどうすればいいか考えて作業を開始しているからです。

4.準備は怠らない

要領がいい人は、天才だと思われがちですが、しっかりと努力をしている人も多いです。

それは、作業をできるだけ効率よく終わらせるために必要な「準備」をしっかりとしているからです。

例えば、飲食店で働いていれば1日の中でこの時間には、こういったお客さんが多く来るから、準備しておこうなど、先に起こるであろう事を予想して準備しておくのです。

そして、万が一その予想が外れたとしても、次にしっかりと活かしていきます。

失敗も無駄にはしません。

5.作業は一つずつ、確実に終わらせる

作業を同時進行にいくつも行っていると、頭が混乱して全然進まない事ってありますよね。

要領のいい人は、同時進行で作業を進めることはありません。

同時に進めることで、「あれ?これはしたっけな?」と途中で思い出し、修正ややり直し、再確認などで時間が取られ作業全体が遅れる事を知っているからです。

はたから見れば、同時進行しているように見えても自分の中で、「一つの作業」としてしっかりと、区切って進めている人もいます。

6.ミスから発生してしまうトラブルやクレームを防ぐ努力をしている

自分のミスから発生してしまう「トラブル」や「クレーム」ほど無駄なものはありません。

こうしたトラブルを解決するためには、時間も労力も使い、他の作業に悪影響を及ぼします。

そのため、要領のいい人はこうした事を未然に防ぐために、誰よりも「ミス」に細心の注意を払っています。

ミスをしないためには、焦らない。

焦らないためには、前もって準備しておく。

など、全ての行動が繋がっているのです。

要領がいい人の特徴は先の見据え行動できる人

てきぱきと仕事をこなし、手際よく仕事をしている人の特徴や行動についてあげてきましたが、彼らに共通していることはこの先に起こるであろう事を予測して前もって準備していたり、無駄な時間や労力が発生してしまうかもしれないリスクを回避している事があげられます。

そうした時間や労力の「無駄」を省くことで、時間や心に余裕が生まれどんどんと仕事をこなしているのですね。

そして、彼らの一つ一つの行動は全てにつながっています。

下記に、要領がいい人がしている行動についてまとめました。

要領のいい人が必ずやっている事

  1. 優先順位を考える
  2. 作業の目的を知ってゴールを一致させる
  3. 作業の順番を組み立ててから始める
  4. 準備をしっかりとしておく
  5. 複数のことを同時にしない
  6. ミスが起こらないように常に注意している

こうした事を意識する事で、自然と心と時間の余裕を手に入れる事が出来るかもしれませんね!