とてもいい匂いのする香水。

今は、女性だけでなく男性も香水を付ける方が増えてきました。

しかし、香水を付ける方が、増えてきたからこそ今さら聞けない香水の付け方付ける位置

さらに、朝付けた香水がもうお昼頃には匂いがなくなってるような気がするという方も多いはず

そこで、今回は香水の匂いを長持ちさせる付け方と付ける位置について調べてみました。

せっかくのいい匂いですから、やっぱり長持ちさせたいですよね!

【スポンサーリンク】

香水の匂いを長持ちさせる付け方

普通の香水の付け方として一般的なのは、手首につけてから首筋に香りを移すこと付け方です。

しかし、香水は上に向かって香りを発するので、この一般的な付け方だけどちょうど顔の高さで匂いが漂うことになります。

また首筋は汗をかきやすい場所であるため、香りが落ちやすいという特徴もあります。

では、どこに付ければ、匂いは長持ちするのでしょうか?

それは、ずばりストッキングです。

【スポンサーリンク】

付け方

出かける前に、ストッキングに香水を振ってみましょう。

香水は上に向かって香りを発する性質を持っているので、足元のストッキングに香水をつけることによって足元からふんわりと香りが立ち上がってくるので、全身がほどよい香りに包まれます。

さらに、ストッキングでしたら汗で落ちる心配もないので香りを長持ちさせることもできます。

男性にオススメの方法

でも、男性はストッキングを履かないですよね。

そこでストッキングを普段履かない人や男性の場合は、香水をハンカチなどに染み込めせてタンスに入れておくと、衣服などに匂いが移ります。

この方法でしたら、ストッキングを履かない人や男性にもオススメな方法です。

最後に

香水の匂いが長持ちすれば、使う量も減りますので節約にもつながる嬉しい方法ですね!

自分の大好きな匂いがいつまでも長持ちするように、今回の方法を是非試してみてください。

【スポンサーリンク】
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう