このページは「洗濯機・洗濯槽の掃除方法!カビや汚れの取り方と臭い原因」についてご紹介しています。

洗濯機で、洗浄能力の高い洗剤を使ってシッカリ洗ったのに

洋服が臭い・・・

そんな経験はありませんか?


その洗濯物が臭い原因は、洗濯機の洗濯槽のカビ汚れが原因だという事は知ってましたか?

どれだけ、いい洗剤などを使っても、洗濯機の掃除がしっかりされておらず、洗濯槽がカビや汚れだらけだったら、意味がありません。


それどころか、カビや汚れが洗濯物に付着してしまい、人間の体内に入ると健康被害を起こしかねない事態にもなってしまうかもしれません。

洗濯機は、小さな子供などの洋服も洗うものですのでとても心配ですよね。

だから、清潔な状態を保ちたいものです。

そこで、今回は洗濯槽までこびりついた汚れやカビの取り方

洗濯機の掃除方法をご紹介していきます。

この記事のポイント

今回の洗濯機のカビや汚れの掃除方法・取り方は、酸素系漂白剤を使った方法です!

市販の塩素系の洗濯槽クリーナーで、なかなか効果が出ない!と頑固な汚れでお困りの方は特に必見な情報をご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい♪

【スポンサーリンク】

洗濯機・洗濯槽の掃除方法

【洗濯機の掃除方法】洗濯槽のカビや汚れの取り方や臭い原因も酸素系漂白剤で退治!

では、早速ですが洗濯機の洗濯槽の汚れやカビなどをキレイに取る掃除方法をご紹介していきます。

用意するもの

  • 酸素系漂白剤 500g以上
  • 持ち手があるゴミすくいネット(100均でOK)
  • お湯(お風呂の残り湯などでOK)
  • タオル(汚れてもいいもの)

以上のものを用意してください。


酸素系漂白剤とは、頑固なシミ汚れを分解してくれますが、塩素系漂白剤より漂白力が穏やかで扱いやすい。

だから、色柄物にも使え、ツーンとした臭いがないのが特徴!

洗濯槽だけでなく、排水口のクリーナー、食器洗い機用の洗剤など様々な用途で使用が出来る便利アイテム!♪

酸素系漂白剤の一覧へ

掃除方法の具体的な流れ

洗濯槽の中にお湯を満タンに入れる

洗濯機の給水蛇口を閉め、洗濯槽の中にお湯を満タンになるまで入れて下さい。

お湯の温度は50度になるように

熱すぎ(60度以上)ても、冷たくても効果は減ってしまいますので、50度になるよう調節してください。

排水されてしまうのを避けるため、必ず「洗い」などに設定する

コースは洗濯機によって違うのですが、水を流さない洗浄コースを設定してください。

酸素系漂白剤を入れる

洗濯機を回しながら、酸素系漂白剤を少しずつ入れて下さい。

酸素系漂白剤の量としては大体、お湯1ℓにつき酸素系漂白剤、10gの比率

汚れが酷い場合は、分量を多少増やすといいと思います。

※一般的な洗濯槽では、大体500g程度

【スポンサーリンク】

お湯の温度が下がるまで10分ほど洗濯機を回す

この時、すでに汚れが浮いてきてると思いますが、どんどん進めていきます。
無視して次のステップに行きます。

洗いを止めて回さず10時間ほど放置

洗濯機を回さず、そのまま8時間から10時間ほど放置してください。(一晩でもOK)

10時間後・・・浮いた汚れをネットですくう

10時間ほど、経過したら浮いた汚れを、ネットですくいようにキレイに取り除いて下さい。

再度、洗濯機を回し洗濯槽の裏側までキレイに

浮いてる汚れを取り除いたら、再度洗濯機を回し、まだ残っている洗濯槽の裏側などの汚れもキレイに剥がしていきます。

洗濯ネットを取ってキレイに

洗濯ネットを取り外して、その中もキレイに

10汚れが浮いてこなくなるまで繰り返す

洗濯機を回しある程度、汚れが浮いてきたら、洗濯機を止めて、ネットでゴミをすくい出し

また、洗濯機を回し⇒汚れをすくう

汚れが浮いてこなくなるまで、

「洗濯機を回す⇒止める⇒ネットでゴミをすくう」の工程を繰り返してください。

11汚れが浮いてこなくなったら、排水!

汚れが浮いてこなくなったら、酸素系漂白剤を排水していきます・

手順としては、「すすぎ⇒排水⇒脱水」の洗濯コースをしてください。

12キレイな水で繰り返し洗浄

汚い水を排水し終わったら、キレイな水を満タンに洗濯機にためて下さい。

そして、5分ほど洗い、ゴミをネットですくって、排水を繰り返し、目に見える汚れがなくなったら、一旦完了

13最後の仕上げ

目に見える汚れがなくなったら、いらないタオルを洗濯機に入れて下さい。

タオルが汚れたら洗面器などでキレイにし、また洗濯機に入れて下さい。

目に見えない細かい汚れをタオルがすくい取ってくれます。

タオルの汚れがなくなるまで、洗濯槽の洗浄(12番の工程)を繰り返し行って下さい!

以上で、終了です!お疲れ様でした!



コチラの動画でも、ご紹介されている方法です♪

キレイな洗濯機・洗濯槽を保つコツ

【洗濯機の掃除方法】洗濯槽のカビや汚れの取り方や臭い原因も酸素系漂白剤で退治!

洗濯機のカビや汚れの掃除方法・取り方について、ご紹介しましたが、

この方法で掃除したとしても、また長期間の間放置しておいたら、すぐにカビや汚れは、溜まってしまいます。

そうならない為にも、いくつかのコツをご紹介します。

【スポンサーリンク】

こまめに、洗濯槽の汚れやカビ取りを行う

当たり前のことですが、今回ご紹介した方法で、こまめに掃除を行えば、常にキレイな洗濯機を保つことが出来ます。

1~3か月のサイクルで、洗濯槽の汚れやカビをキレイにしてあげましょう。

洗濯機の蓋は、開けましょう

洗濯を終えた後は、洗濯機の蓋をすぐに閉めず、しばらくの間、開けておきましょう。

蓋を開けておくことで、通気性を良くし、

洗濯槽を乾燥させることで、カビの発生を抑えることが出来ます。

洗濯物の溜めこみ注意

汚れた洗濯物を溜め込み過ぎてしまうと、そこから菌が増殖してしまいます。

その結果、菌が増殖した状態ですので更に汚れた状態で、洗濯をすることになってしまいます。

その分、洗濯槽が汚れてしまう原因にもなりかねません。

洗濯物は溜め込み過ぎず、毎日洗濯するように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

毎日、私たちが着る洋服や下着

それをキレイにしてくれる洗濯機が、汚れやカビだらけ!なんて、想像しただけでも、ゾッとしますよね。

ニオイだけでなく、カビは体にとって、悪いものですので、常にキレイに保てるように今回、ご紹介した

洗濯機・洗濯槽のカビや汚れの掃除方法・取り方をシッカリ取り入れて、清潔に保ちましょう!♪

【スポンサーリンク】