うまい断り方!ビジネスで使える丁寧な敬語・文例

このページでは、ビジネスシーンで使えるうまい断り方の文例・敬語」についてご紹介しています。

ビジネスマンは、様々な提案や申し入れを受けます。

その提案が、必要なものでしたら快く引き受ければ良いかと思いますが、中にはお断りしたい話もあるはずです。

そんな時に、相手を気遣いながらも、ハッキリと断る「うまい断り方の文例・敬語」をご紹介

角が立たないように丁寧にうまく断る事は、ビジネスシーンでは、必須です。

いざ!という時に、シッカリと使えるように覚えておきましょう。

【スポンサーリンク】

うまい断り方

うまい断り方!ビジネスで使える丁寧な敬語・文例

角を立てずに、断る基本フレーズ

いたしかねます

自分の本意ではないが、それは出来ないという意味

例⇒「その件につきまして、私ではご返答いたしかねます」

今回は、見送らせてください

大事なポイントは「今回は」というところ

今回は、断るが、次回は可能性があるという意味合いを含ませている為、相手と縁を切らず断る事が出来る

お役に立てず残念です

相手の気持ちを損なわないようにしながら、ハッキリと断るには、定番のフレーズ

力になりたいのは、やまやまですが・・というニュアンスを相手に伝える事が出来る

けっこうなお話ではありますが

相手の要求を断らざるをえないが、人間関係はこれからも円滑に続けていきたい場合に使うフレーズ

例⇒「けっこうなお話ではありますが、わが社でお引き受けするのは無理だと思います」

【スポンサーリンク】

お汲みとりください

相手の無理な要求に対して使うフレーズ

こちらにとって、無理な要求であるという事を伝える事が出来る

ご無理をおっしゃらないでください

「そこを何とか」と粘ってくるような場合にうまく断る伝え方

相手が、しつこく要求してきても、丁寧になおかつ、キッパリ断りましょう。

そのようなことは、いっさいお断りさせていただいております

筋違いな要求などをキッパリと断る時に用いる言葉



疑問君疑問君

それでも、どうしても断れない時はどうすればいいの?

どうしても、キッパリ断れない時に

お話は承りました

相手からの要求にすぐに返答したくない場合に用いるフレーズ

大事なポイントは、「お話は」と文頭につける事を忘れずに

単に「承りました」だけだと、依頼を引き受けますと勘違いされてしまうので注意

ビジネスシーンでは、とくに「お話は承りました」と答えれば、脈はないと察してくれます

すぐにはご返答できないのですが

イエスかノーか曖昧なままにして話が自然消滅するのを待ちたい時に使うフレーズ

こういった返答をすれば、相手も空気を読んで引き下がってくれる事もある

最後に

断る時の敬語の使い方などは、難しいですよね。

相手に嫌な思いをさせないように、気を付けながらキッパリと断る

うまい断り方は、ビジネスシーンにおいて必ずといっていいほど、必要です。

相手と縁を切らず、シッカリと断る話し方を身につけましょう!


▼上司からの食事や飲みなどを断る方法も別記事でご紹介中!

誘いを断る方法!上司からの食事や飲みなど

【スポンサーリンク】