電話をかけるときに使う礼儀正しい話し方・敬語の例文

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

電話をかけるときに使う礼儀正しい話し方・敬語の例文」についてご紹介しています。

電話を目上の方にかける時に使う礼儀正しい話し方をご存知ですか?

電話をかけるときのマナーは、しっかりと覚えておきたいものですよね。

今回は、電話をかける時に使う礼儀正しい話し方敬語の例文についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

電話をかけるときの礼儀正しい話し方

電話での基本フレーズ

今、お話してよろしいでしょうか

電話は、相手にとっては約束なしで突然かかってくるものです。

ビジネスなどでは、「お話してよろしいでしょうか」と都合を聞くのが最低限のマナーである。

夜分恐れ入ります。

夜21時以降に電話をする時、用件を切り出す前に使いたいフレーズ

夜分失礼いたします。

こちらも、上記と同様、夜21時以降に電話をする時、用件を切り出す前に使いたい言葉

たびたび恐れ入りますが

同じ日に、同じ相手に追加の用件で二度以上電話する時に使う言葉

何度か、先方に電話をして同じ人が取り次ぎに出た場合にも使える

お休みのところ、誠に恐れ入りますが

休日には、急用でない場合以外には連絡をしないのがマナーである

どうしても、電話連絡をしなければならない場合

「お休みのところ誠に恐れ入ります。」と切り出し申し訳ないとの気持ちを伝えたい。

【スポンサーリンク】

電話で大変申し訳ございませんが

謝罪する場合、先方に出向いて謝るのが筋であるが遠方の場合など、まず電話で謝らなければならない事がある。

「電話でたいへん申し訳ございませんが」と謝罪の前に断りを入れ「改めて後日、お伺いいたしますが取り急ぎお詫びをと思いまして」と続ければこちらの誠意が伝わる

いつも電話ばかりで失礼しております

相手が、電話に出てあいさつを交わした後に使うのがいい

いつも電話ばかりでなかなか会えない

人に使うと会う機会がなくても決して相手を軽く思っているわけではないという気持ちを伝えられる

慌ただしくて申し訳ありません

ゆっくり話す時間がないときに、電話する場合にふさわしいフレーズ

時間がなく慌ただしい電話になっても「慌ただしくて申し訳ありません」と断れば、申し訳けない気持ちが伝わる

お電話が遠いようで

相手の声が聞き取りにくい場合に使う

「声が小さいようです」などと言うのは失礼

「お電話が遠いようで」と言って、電話が聞こえない原因は、相手ではなく電話のせいであるように伝えるといい

最後に

いかがでしたか?

今回は、電話をかけるときに使う礼儀正しい話し方・敬語についてご紹介しました。

是非、活用してみてください!

【スポンサーリンク】