このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

結婚祝いのお礼の手紙の書き方!上司への文例」についてご紹介しています。

結婚祝いをしていただいた時は、とても嬉しいですよね。

結婚のお祝いには、結婚内祝いとしてお祝い返しをします。

その時にどのような手紙を書いたらいいか、お礼状の書き方についてご紹介します。

上司への文例や忌み言葉一覧も一緒にご紹介しますので参考にされてください。

【スポンサーリンク】

結婚祝いのお礼の手紙の書き方

結婚祝いのお礼の手紙の書き方!上司への文例と忌み言葉一覧あり

お礼の手紙の書き方としては、将来の抱負や新生活への決意を示すとよいでしょう

また、祝辞を述べてもらった場合は、祝辞に対する感謝の言葉も添えるようにしましょう。

お礼の手紙の基本の流れ

結婚祝いのお礼だけでなく「お礼の手紙」の基本的な流れ・書き方は下記のとおりです。

  1. 前文

    ・頭語
    ・時候の挨拶
    ・相手の健康、安否を尋ねる
    ※親しい相手には前文を省いて書き出しても良い

  2. 主文

    ・お礼の言葉
    ・贈り物や世話になったことなど相手の厚意を挙げ、感謝や感想、使い道などをなるべく具体的に伝える
    ・祝いごとへの感慨や今後の抱負などを述べる
    ・相手の今後の発展を祈る言葉

  3. 末文

    ・結びの言葉
    ・結語
    ※改めてお礼いの言葉を述べて結ぶのもよい

結婚内祝いのお返しの手紙を書く上で注意したいこと

結婚内祝いのお礼の手紙を書く上での大事なポイント

  • 結婚祝いのお礼の表書きの書き方
  • お礼以外の用件は書かない
  • お返しにという表現は避ける
  • 贈る相手は、披露宴に招待しなかった方など
  • 結婚の内祝いのお返しは、1ヶ月以内に送る
  • 結婚内祝いのお返しの相場
  • お返しは忌み言葉を連想させるものを避ける
  • 嬉しい気持ちを素直に表現しましょう
  • お祝いに対しての礼状は謙虚さが大事
  • お祝い金をもらった場合は使い道を報告
  • 贈り物をもらった場合は使い勝手の良さやセンスを褒める

結婚祝いのお礼の表書きの書き方

お礼のマナーとして、表書きとポイントをしっかりとおさえておきましょう。

結婚祝いのお礼の表書きは下記の通り

表書き
内祝い
ポイント
披露宴に招待していない場合、夫婦連名で送る

お礼以外の用件は書かない

結婚祝いのお礼の手紙に別件を書くことは失礼にあたります。

用件のついでにお礼をしているという印象を与えてしまうため、親しい相手であっても別件を書くことは避けましょう。

お返しにという表現は避ける

お祝いの品をもらったときは、お返しが必要な場合があります。

そのときに、「お返しに」という言葉を使うと義務でお返しをしているような印象になってしまうので、このような表現は避けましょう。

【スポンサーリンク】

贈る相手は、披露宴に招待しなかった方など

結婚内祝いのお礼としてお返しする人は、基本的には、披露宴に招待しなかった方です。

また、披露宴に招待したが、出席いただけなかった方に贈ります。


※披露宴に出席された方は、披露宴での料理や引き出物などが

お返しの代わりとなりますので、基本的に結婚内祝い・お返しなどは必要ありません。

▼ギフト選びに困ったら

カタログからお品物まで上品なギフト選び

結婚の内祝いのお返しは、1ヶ月以内に送る

結婚の内祝いを贈る時期は、結婚式を行う場合とそうでない入籍だけの場合と異なります。

結婚式を行う場合

結婚式を行う場合の結婚の内祝いのお返しは、

基本的に「結婚式から1ヶ月以内に贈る」のがマナーです。

結婚式を行わない・入籍だけの場合

結婚式を行わない・入籍だけの場合の結婚の内祝いのお返しは、

基本的に「お祝いを頂いてから1ヶ月以内に贈る」のがマナーです。

尚、お祝いを頂いたら、内祝いのお返しの手紙・お礼状を贈る前に、すぐに電話などでお礼を言いましょう。

結婚内祝いのお返しの相場

結婚内祝いのお返しの相場としては、

頂いたご祝儀やお祝い品の半額から3分の1を目安にします。

新婚旅行のお土産をプラスして渡すなども良いでしょう。

お返しは忌み言葉を連想させるものを避ける

結婚の内祝いのお返しは、「刃物」や「割れ物」などを避けましょう。

結婚式での忌み言葉がありますが、それを連想させる贈り物を贈るのは避けましょう。

また、二つに割り切れる偶数

別れを連想させるので、よくない数字とされています。

詰め合わせなどを贈る場合は偶数をさけるようにしましょう。

さらに、相手の環境を無視したものを贈るのも避けましょう。

例としては、1人暮らしなのに、大人数用のものなどです。

結婚祝いの場合の忌み言葉の例

「別れる」「切れる」「去る」「帰る」「終わる」「流れる」「冷える」「短い」

「戻る」「繰り返す」「重ね重ね」「再び」「皆々様」「近々」「またまた」

【スポンサーリンク】

嬉しい気持ちを素直に表現しましょう

「気の利いたことを書こう」

「上手く書こう」と気張る必要はありません。

嬉しい気持ちを素直に具体的に表現するようにしましょう。

家族が喜んでいる様子を書いたり、贈り物の気に入ったところを書いたり

素直に喜びを伝える事で、感謝の気持ちが相手に伝わります。

お祝いに対しての礼状は謙虚さが大事

結婚祝いなどお祝いを受けた場合の礼状は

相手が気にかけてくれていたことに対してまず、謝意を示すのを忘れないようにしましょう

「おかげ様で」という謙虚な姿勢でお礼を述べ、近況や心境を報告すると好意のもてる文面になります。

お祝い金をもらった場合は使い道を報告

お祝いをもらった場合には、その使い道を報告し、感謝の気持ちを述べると良いでしょう。

贈り物をもらった場合は使い勝手の良さやセンスを褒める

贈り物をもらった場合は、使い勝手の良さを伝えたり、見立てのセンスを褒めるとより感謝の気持ちが伝わるでしょう。

上司に結婚祝いのお礼を送る場合の例文

謹啓

このほどはご多忙のところ私どもの結婚式にお運びくださり、誠にありがとうございました。また、温かなご祝辞ならびに結構なお祝いの品を頂戴し、厚く御礼申し上げます。

ふつつかな私どもではございますが、心に響くお言葉を忘れずにお互いに支え合って明るく楽しい家庭を築いていく所存です。
仕事のうえではもちろんのこと、夫婦生活においても優れた先輩として今後ともご指導、ご助言のほどお願い申し上げます。

略儀失礼ながら、まずは書中にてお礼まで。

敬白

結婚祝いのお礼の手紙の書き方!上司への文例のまとめ

お礼状は、感謝の気持ちを表すもの

素直に、あなたの感謝の気持ちを表現し伝えましょう。

▼ギフト選びに困ったら

カタログからお品物まで上品なギフト選び

【スポンサーリンク】