家売るオンナ」の最終回のために仰天ニュースが、以前放送した「福田和子」の事件を再放送したという驚きの記事を見つけた。

それは、果たして本当なのか?

そして、なぜ北川景子主演ドラマ「家売るオンナ」の最終回のために

仰天ニュースが以前放送した「福田和子」の事件を再放送する必要があったのか?

調べてみました。

【スポンサーリンク】

家売るオンナ最終回のために仰天ニュースが福田和子を再放送?

2016年9月14日に最終回を迎えた「家売るオンナ」

北川景子さんが主演のドラマ



家という人生最大の買い物を型破りな方法や手段で豪快に売りまくる不動産さんのストーリー



「私に売れない家は無い」というフレーズと「GO!」というフレーズがなんとも印象的なこのドラマですが、


この「家売るオンナ」の最終回の放送の前に放送した『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)にて、まさかの「仰天事件」が起きたようです。


そのまさかの仰天事件の内容は、

「以前、放送した福田和子の事件を丸々1時間再放送した」というものでした。


この放送中には、ネット上では

「なんで今また福田和子なのかな?」
「福田和子、何回目?」
「ネタ切れなのかしら……」

などという声があげられていた。


たしかに、以前放送した内容だからこういった意見は無理もない

福田和子といえば、「20の偽名、7つの顔を持つ女」

1982年、愛媛県松山市で同僚のホステスを殺害し逃亡



整形し顔を変え、名前を変え全国を転々とし逃亡した。

しかし、時効成立まで21日と迫った97年7月29日、行きつけのおでん屋から出てきたところを逮捕された。


その再現VTRを、ザ!世界仰天ニュースは2009年12月30日の5時間半スペシャル

「超A級女の大事件!大変身ビューティ祭り」の中で放送していたのだ。


福田和子の再現VTRを含む第2部の視聴率は18.3%と高視聴率を記録したという。

【スポンサーリンク】

しかし、この放送は当初予定していたものとは違うようなのだ。

その証拠にこのような記事を見つけました。

某局の編成マンは、「当初放送を予定したネタが、何らかの事情で取りやめになったのでしょう。普通はVTRを見ているスタジオのリアクションがワイプで映りますが、それもなかったため、急きょ差し替えた可能性が高い」と話す。

引用元:エキサイトニュース


そして、この高視聴率を記録した福田和子の事件を7年後のこのタイミングで再放送したのは、なんと・・

冒頭でお伝えした北川景子主演ドラマ「家売るオンナ」の為だという


 

しかし某局のバラエティ担当者は、「確信犯」だと言い切る。『仰天ニュース』後のドラマ『家売るオンナ』のためだというのだ。

「福田和子を特集したこの日の『仰天』は、13.5%を記録。通常10%前後の同番組にとっては久々の高視聴率です。そして、その後、午後10時から放送された『家売るオンナ』の最終回も、番組最高となる13.0%でゴールインしました。つまり『家売るオンナ』をアシストするため、過去に数字が獲れた作品を、あえて入れ込んだと考えられるんです」(前出・バラエティ担当者)

引用元:エキサイトニュース

とのこと


このザ!世界仰天ニュースの奇策ともいえる秘策。



この効果があったのかどうかは、定かではないが確かに、「家売るオンナ」の最終回は

番組最高となる13.0%でを記録したようです。


さらに、放送期間中はリオ五輪放送という「強敵」もいましたが、

それにも耐え、全話の平均視聴率で11.6%と大健闘の結果を残しました。


北川景子さんの「GO!」好きだったな。

個人的には、続編を期待!

【スポンサーリンク】