同意を求める時の話し方の文例・文書と敬語4選

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

同意を求める時の話し方の文例!文書・敬語」についてご紹介しています。

自分の意見や考えを述べたとき、相手に同意を求める機会はあるだろう

そんなときに、使える「同意を求める時の話し方文章敬語」を文例を交えながらご紹介します。

【スポンサーリンク】

同意を求める時の話し方

同意を求める基本フレーズ

よろしいでしょうか

同意を求める時の基本となるフレーズ

電話の場合は特に「いいですか」や「よろしいですか」より、「よろしいでしょうか」といった丁寧な表現を用いるといい

お互い、今までの時間が無駄になってしまいます

交渉する場面では「交渉を決裂させたくない」と思ってる側の立場が弱くなるもの

しかし、相手もこれまでの話し合いを無駄にはしたくないと思っているはずなので、

このフレーズを使い相手の出方をみるというのも一つの手

例⇒「これでは、お互い今までの時間が無駄になってしまいます」

【スポンサーリンク】

どうか、こちらの立場をご理解ください

こちらの条件を認めさせたいとき、あるいは相手の要求を飲めないときに用いるフレーズ

時間的に、切迫しているが最終決定にいたらない時に使うと効果的である

○○さんなら、おわかりいただけるかと思いますが

相手からの申し入れを断る場合に、同意を求めるフレーズ

相手を傷つけないようにしながらも、ほかならぬ○○さんならご理解いただけますね。といったニュアンスを含む

最後に

商談などの最後の決め手にも使える同意を求める時の話し方をご紹介しました。

いざ!という時に使えるようにしたいものですね。

【スポンサーリンク】