依頼を辞退するときの言葉!仕事で使える丁寧語6選

このページでは、ビジネスシーンで使える「依頼や仕事を辞退するときの言葉・丁寧語」についてご紹介しています。

仕事を依頼された時など、その提案を辞退したい時もあります。

しかし、上手に辞退する言葉を伝えないと、

角が立ってしまったりその後の人間関係にヒビが入ってしまったりと良い事は、何一つありません。

良い人間関係を保ったまま、依頼を辞退するには、

ビジネスマンが普段使っている言葉丁寧語を参考にしてみましょう!

【スポンサーリンク】


仕事や依頼を辞退するときの言葉

辞退する基本フレーズ

大変光栄に存じますが

役職への就任要請や賞の受賞を打診された時など

大役と思える仕事を辞退するときのフレーズ

例⇒「大変光栄に存じますが、私では力不足かと存じます」

身に余るお話しですが

自分の能力やこれまでの業績などに比べ、

依頼された仕事や責任が重すぎる場合に辞退するフレーズ

過分に評価された事に対してお礼の気持ちを伝え、断るフレーズ

ほかを当たっていただいたほうが、よろしいかと

引き受けたくない仕事を依頼された時に、断るフレーズ

自分ではなく、もっと他に適任者はいるという事を伝える。

この時、個人名を出すと、後々トラブルに発展してしまう可能性もありますので、注意

【スポンサーリンク】

先輩方を差し置いて、私のような若輩者が

後輩が、先輩以上の大役を依頼されてしまった時に辞退するフレーズ

この依頼を引き受けてしまうと、先輩から・・・・って時に役立つ言葉

生来の怠け者で

自分の性格や能力などを理由にして辞退する為のフレーズ

生来とは、生まれついた時からもっている性質や能力のことをさす。

従来どおり、自由な立場から協力させていただきます

オブザーバーやボランティアとして協力していた事に対して

正式メンバーへの就任を依頼された時に辞退するフレーズ

今後も、これまで通り付き合いを継続しながら、断っている


まとめ

仕事や何かを依頼された時、必ずしもアナタにとって必要とは限りません。

答えを曖昧にしてしまうと、後々

トラブルになってしまう可能性がありますので、しっかりと辞退する旨伝えましょう。

【スポンサーリンク】