【怒る理由が分からない】人が怒る心理とは?彼女、彼氏はなぜ?根本的な感情が隠されてた!

このページは「怒る理由がわからない?人が怒る心理」についてご紹介しています。

恋人が、デートに遅刻!

すごく怒ってしまった。

ただ、会いたかっただけなのに、どうしても怒ってしまう・・・

自分でも、怒る理由がわからない

そんな経験はありませんか?

そして、彼氏、彼女など相手が怒る理由も分からないという場合も

そこで、今回は、人が怒る理由心理についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

人が怒る理由・心理

【怒る理由が分からない】人が怒る心理とは?彼女、彼氏はなぜ?根本的な感情が隠されてた!

早速ですが、人が怒る理由・心理についてご紹介していきます。

まず、怒りという感情は、欲求を満たすことが阻害された時などに、

その原因になったものに対して生じる不快な感情のことを指します。

攻撃行動をともなう事が多いです。


この怒るという感情には、原因となる根本的な感情が隠されています。


自分では意識してない場合でも

「出来事⇒ある感情⇒怒り」のように、何らかの感情が先にわいているのです。


怒りがなぜ、わいてくるのかその理由は、自分の期待通りにならないからなんです。


期待とは、あることが実現すればいいと心待ちにしていることです。

自分の期待通りにならないから

【怒る理由が分からない】人が怒る心理とは?彼女、彼氏はなぜ?根本的な感情が隠されてた!

例えば彼氏や彼女などが、待ち合わせ場所に遅れてきて怒る理由は、下記のような感情が隠されているんです。


「自分は大切にされているはず」

「だから、約束は守ってくれるはず」

「もうすぐ会えるはず」

という期待や思いがあればこそなんです。

【スポンサーリンク】

それなのに、相手がなかなか現れないと

「私は大切にされてないの?」

「もしかして、私に会いたくないの?」

「早く会いたいのに、寂しい・・」

「一緒にいる時間が減っちゃう・・」

「もしかして、何かあったの?事故?」

など、不安や寂しさ、落胆など様々な感情が沸いてくるのです。


しかし、こうした感情はどれも不快なものばかりです。

なので、そんな不快な感情から逃れるために、

「怒り」の感情に変えてしまうのです。

怒りの度合いは、期待の大きさに比例する

怒りの度合いは、不快な感情の強さに比例します。

つまり期待の大きさに比例しているという事になります。

このように、「怒る」という感情の根本にあるのは、思い通りにならなくて

困ったという気持ちなのです。



しかし、どんなに怒っても相手に、あなたの本当の気持ちが伝わることはありません。

返って怒ることで、本当の気持ちが分かりにくくなってしまう事だってあります。

彼氏や彼女が怒っているが、理由が分からない。

そういう場面に、あなたも合った事があるかもしれません。


怒るという選択をするよりは、

怒りに隠れた「本当の気持ち」に向き合って、それを素直に相手に伝えるほうが、いいと思います。

怒りっぽい人は、余裕がない

私、怒りっぽいな・・・と思う事や、周りにそう感じる人がいる場合があると思います。

怒りっぽい人は、まわりに対する期待が大きい傾向があります。

それと同時に、物事を思い通りにしたいという気持ちが強い人です。


過剰な期待は、余裕のなさの裏返しです。

「~べき」と考えることが多い人は、特に注意が必要です。

最後に

今回は、人が怒る理由・心理についてご紹介しました。

彼氏や彼女など相手が、なぜ怒るのか理由が分からない!と悩んでいる方も、是非参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】