【人の話を聞かない人の心理・対処法】自分の話ばかりする人の心理とは?

このぺージは「人の話を聞かないで自分の話ばかりする人の心理と対処法」についてご紹介しています。

会話をしていると、人の話を聞かないで自分の話ばかりする人っていますよね。

そういうことばかり、されていると、その人と話すのさえも嫌になってしまいますよね。

しかし、そういった人の話を聞かない人は一体どのような気持ちでそのような行動をしてるのでしょうか?

そこで今回は、「人の話を聞かない人の心理自分の話ばかりする人の対処法」についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

人の話を聞かない人の心理

【人の話を聞かない人の心理・対処法】自分の話ばかりする人の心理とは?

対処法をご紹介する前にまずは、人の話を聞かない人の心理についてご紹介していきます。

人の話を聞かないで、自分の話ばかりする人は、

相手が話していても、すべて自分の話したい事にすり替えてしまいますよね。



こういった人と話していると、「本題」を伝えることができず、

欲求不満が残り会話が全然楽しくありませんし、うんざりしますよね。

こういった風に、人の話を聞かない人には、2通りのタイプがあります。

自分の話ばかりする人の2タイプ

  • 話をするのが楽しいタイプ
  • 短気で面白くない話を聞きたくないタイプ

一つずつ詳しくご紹介していきます。

話をするのが楽しいタイプ

このタイプは、話をするのが楽しくて、ついしゃべってしまう子供のような人

家族などの身近な人との会話があまりないため、寂しい思いをしている人にありがちです。



誰かと話す楽しさにはしゃいでしまい、

相手の気持ちまで気が回らないため、ついつい自分の話ばかりしてしまうのです。

【スポンサーリンク】

短気で面白くない話を聞きたくないタイプ

このタイプは、短期で相手の話が面白くないと感じたら、聞くのが嫌になるタイプです。

話すのが上手い人や下手な人など、様々です。

誰でもトークが上手いわけではありませんから、面白くない話も確かにあるかもしれません。

それでも、相手の話は遮らず最後まで聞くのがマナーです。

しかし、このタイプの人は気が短いため、その面白くない話を聞けません。

そのため、話を遮って自分の話にすぐにすり替えてしまうのです。

相手の面白くない話よりも、自分の話の方が面白いと思っているのでしょう。

人の話を聞かない人の対処法

この人は子供なんだ。と思い適当にあいづちを打って

話題を変えてしまいましょう。


遠慮せず、話を遮って話題を変えちゃいましょう!

最後に

人の話を聞かない人の心理と対処法についてご紹介しました。

自分の話ばかりする人は、相手の気持ちまで気が回ってないようです。

あまりにもひどいようなら、関わらない事が1番かもしれませんが、職場などではそうはいきませんよね。

上手く受け流すという術も必要なのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】