【失礼な事を言う人の心理と対処法】失礼なことを言ってしまう!

このページは「失礼なことを言ってしまう!失礼な事を言う人の心理・対処法」についてご紹介しています。

空気が読めず失礼な事を言う人は、周りにいませんか?

もしくは、自分で失礼なことを言ってしまう!と悩んでいますか?

なぜ、周りの空気を読む事が出来ないのか・・

どうして失礼な事を平気で言うのか?

今回は失礼な事を言う人の心理対処法についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

失礼な事を言う人の心理

【失礼な事を言う人の心理と対処法】失礼なことを言ってしまう!

失礼な事を言う人の心理についてご紹介していきます。

その場の空気を読めない人というのは、本当に困ってしまいますよね。

「今、それを言わなくても・・・」と思うことを平気で口に出します。



こういった「失礼なことを言ってしまう」人は、自分自身を客観的にながめる

セルフ・モニタリング(自己監視)」能力が通常よりも欠如している場合が多いです。

この「セルフ・モニタリング」の能力が低いと、たとえ周囲から浮き上がっていても

冷たい視線をそそがれていたとしても、本人は気付きません。


さらに、周りが注意しようがセルフ・モニタリングできない人を改善することは

難しいと言われています。

【スポンサーリンク】

失礼な事を言う人の対処法

【失礼な事を言う人の心理と対処法】失礼なことを言ってしまう!

失礼な事を言う人の対処法としては、

こういう場合は、こういう事を言わないと相手がはっきりわかるように、

具体的な表現で事前に決まりを作ってあげると良いでしょう。



相手の言ってる事に対して、怒ってムッとしても

「セルフ・モニタリング」できない人には、伝わりません。

こういう事を言われると、こういう理由で腹が立つからやめて」とはっきりと伝えてあげましょう。



自分で、失礼なことを言ってしまうと悩んでいる方は

親しい友人に、失礼な事を言ったら具体的に

「こういう事を言われると、こういう理由で腹が立つからやめて」と言ってもらうなどをしてみてもいいかもしれません。

最後に

今回は、失礼な事を言う人の心理と対処法についてご紹介しました。

失礼なことを言ってしまう!と悩んでいる方など、参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】