嫌味を言う人の対処方法と付き合い方3選!上司に皮肉を言われたら?

嫌味を言う人の対処方法と付き合い方3選!上司に皮肉を言われたら?

このページは、嫌味を言われた時の対処法とうまい付き合い方についてご紹介しています。

職場で上司や同僚などに、ちくりと皮肉を言われた経験はありませんか?

ほんと、嫌味とか余計な一言が多い人って、結構いますよね。

嫌味を言われたらなんだか不愉快な気持ちになりますし、決していいものではないですよね。

そこで、今回は嫌味を言う人の対処方法についてご紹介します。

皮肉などを言う人との上手い付き合い方を覚えておけば、ストレスを軽減出来ますよね。

上司などに皮肉を言われたら?
余計な一言や皮肉を言う人の対処方法とうまい付き合い方についてご紹介しています。

【スポンサーリンク】

嫌味を言う人の対処方法

仕事中に、皮肉をチクリと言ってくる上司や同僚ってどこにでもいますよね。嫌味を言われたら、不快な気分になりますよね。

そんな不愉快になる皮肉を言う人の対処方法を覚えておけば、無駄なストレスをため込む必要がなくなりますので、うまい付き合い方を覚えておきましょう。

今回は、不愉快な気持ちになる余計な一言が多い人への対処法を3つご紹介します。

皮肉に対しての対処方法

  • それは、どういう意味ですか?と質問する
  • 傷ついた様子を見せない
  • この人はこういう人と割り切る

一つずつ説明していきます。

嫌味への対処法1:それはどういう意味ですか?と質問

嫌味を言ってきた相手に「それは、どういう意味ですか?」と思いきって聞き返してしまうのも1つの方法です。

この質問をされたら、それに対して相手は、説明をしなくてはいけなくなります。

そうなると、面倒です。

なので、この人に嫌味を言ったら、いちいち説明しないといけない。

面倒だから、もうこの人には嫌味を言うのはやめようとなるのです。

この人に嫌味を言ったら面倒だなーと思わせるのがポイント!
でも、嫌われ過ぎて反対に嫌味をさらに言われてしまう場合もあるので注意が必要

嫌味への対処法2:傷ついた様子を見せない

傷ついた様子を相手に見せないことも大切です。

嫌味を言われた時に泣いたり、傷ついた様子を見せない事が大事です。

嫌味を言った時に、あなたが泣いたり、傷ついたというと、相手は反論できず黙ります。

そして「悪かった」という自責の念から逃れるため「相手が悪い!嫌な奴だ!」と思いこんでしまうことがあるのです。

これは、「自責の念による反応増幅仮説」というものです。

傷つけてしまった相手から、明らかに傷ついたそぶりを見せられるとその相手に対しての嫌悪感を増幅させてしまう事です。

嫌味を言われたとき、気にしてない態度を取ると、相手が勝手に反省する場合もあります。

嫌味に対して、大きく反応してしまうとあなたに対して嫌悪感を増幅させてしまう可能性もあります。
なので、反応をしないことが1番です。

嫌味への対処法3:この人はこういう人と割り切る

最後に皮肉を言ってくる相手に対して「気にしない」「この人はこういう人と割り切る」というのも一つの付き合い方です。

こういった嫌味や皮肉など一言多い人は大抵の場合、悪気などなく無意識に言ってしまっている場合があります。

あなたの事をキライだから言っているのではなく、むしろ親しみのある距離の相手に対してこそ、つい言ってしまうのです。

こういう人とは距離を置くのが1番ですが職場などではそうもいかないですよね。

そういった場合は

「この人はこういう人だ」

「別に悪気があって言ってるわけではない」

「私だけでなく、みんなも同じ。この人の嫌味で嫌な気持ちになっているのは私だけではない」

など、深く気にしない事が重要です。

イヤミは大抵の場合、意味などないことがほとんどです。
あなたの事が嫌いだから言ってるのではなく、無意識のうちに言ってしまってる場合がほとんど!
だから、「気にしない」ことが1番です。

【スポンサーリンク】

嫌味を言われた時にダメな反応は?

落ち込む人

対処法についてご紹介しましたが、反対に嫌味を言われた時に、1番よくないのが、その嫌味に対して「どういう意味なんだろう?」と考えてしまうことです。

自分で考えてそれに対しての答えを出すことで、より強く心に残ってしまうのです。

これを心理学では、「自己説得効果」といいます。

自己説得効果

「自己説得効果」とは、自分で考えて出した結論について納得しやすいということ

この「自己説得効果」は、職場で後輩や部下を育てる時に、使うと「自ら考える」ということが出来る人材に育てることが出来るので、良く使われている手です。

答えを全て提示してしまうのではなく、「どうすれば解決すると思う?」と自ら考えさせて答えを出させるという方法です。

しかし、この「自己説得効果」をネガティブな気持ちに使ってしまうのはダメです。

嫌味の意味を考えて自ら答えを出してショックを受けていては、働くことさえ嫌になってしまうかもしれません。

ですので、上手く対処する方法を身につける事が重要です。

まとめ

上司などに皮肉や嫌味を言われた時のうまい付き合い方や対処方法について3つご紹介しました。

・それは、どういう意味ですか?と質問する
・傷ついた様子を見せない
・この人はこういう人と割り切る

以上のように、思い切って聞き返してみたり「この人はこういう人と割り切る」ことが大切です。

余計な一言に対して、いつまでも「どういう意味だったんだろう?」なんて考えているのは、本当に無駄なことです。

だって、その嫌味に意味なんて、ない事がほとんどですからね。

【スポンサーリンク】

「スマートな人」と「ふっくらな人」の違いは「○○○○」にあったことが判明

衝撃事実発覚!
「スマートな人」と「ふっくらな人」の違いは、
なんと・・・「○○○○」にあったことが判明!
あなたは、どっち?
自分の「○○○○」を整えることで、スマートな体型を手に入れよう!
その方法をご紹介します。