【嫌味を言う人の対処方法】上司に皮肉や嫌味を言われたら?付き合い方も

このページは「上司などに皮肉や嫌味を言われたら?嫌味を言う人の対処方法・付き合い方」についてご紹介しています。

職場で上司や同僚などに、ちくりと皮肉や嫌味を言われた経験はありませんか?

嫌味を言われたら、なんだか不愉快な気持ちになりますし、

決して、いいものではないですよね。

そこで、今回は嫌味を言う人の対処方法についてご紹介します。

嫌味を言う人との上手い付き合い方を覚えておけば、ストレスを軽減出来ますよね。

【スポンサーリンク】

嫌味を言う人の対処方法

【嫌味を言う人の対処方法】上司に皮肉や嫌味を言われたら?付き合い方も

仕事中に、嫌味や皮肉をチクリと言ってくる上司や同僚ってどこにでもいますよね。

嫌味を言われたら、不快な気分になりますよね。

そんな嫌味を言う人の対処方法を覚えておけば、

無駄なストレスをため込む必要がなくなりますので、上手く対処する方法を覚えておきましょう。

その対処方法は、ずばり!

嫌味を言ってきた相手に「それは、どういう意味ですか?」と思いきって聞き返してしまう事です。

詳しく説明していきます。

嫌味を言われた時に、1番よくないのが、その嫌味に対して

「どういう意味なんだろう?」と考えてしまうことです。



自分で考えて、それに対しての答えを出すことで、より強く心に残ってしまうのです。

これを心理学では、「自己説得効果」といいます。

自己説得効果

「自己説得効果」とは、自分で考えて出した結論について納得しやすいということ


この「自己説得効果」は、職場で後輩や部下を育てる時に、

使うと「自ら考える」ということが出来る人材に育てることが出来るので、良く使われている手です。



答えを全て提示してしまうのではなく、

「どうすれば解決すると思う?」と自ら考えさせて答えを出させるという方法です。

【スポンサーリンク】

少し話がそれましたが、この「自己説得効果」をネガティブな気持ちに使ってしまうのはダメです。


嫌味の意味を考えて自ら答えを出してショックを受けていては、働くことさえ嫌になってしまうかもしれません。

ですので、上手く対処する方法を身につける事が重要です。

その方法は、嫌味を言ってきた相手に「それは、どういう意味ですか?」と思いきって聞き返してしまう事です。

すると、相手はその質問に対して、答えないといけない状況になり面倒になります。

ですので、あなたに対して嫌味を言うのは面倒だから、もうやめておこうとなるのです。

嫌味を言われた時の反応も大事

嫌味を言われた時の対処方法として、もう1つご紹介します。

それは、嫌味を言われた時に泣いたりしないことです。

なるべく傷ついた様子を見せない事が重要です。


嫌味を言った時に、あなたが泣いたり、傷ついたというと、相手は反論できず黙ります。

そして、「悪かった」という自責の念から逃れるため、

「相手が悪い!嫌な奴だ!」と思いこんでしまうことがあるのです。


これは、「自責の念による反応増幅仮説」というものです。



傷つけてしまった相手から、明らかに傷ついたそぶりを

見せられるとその相手に対しての嫌悪感を増幅させてしまう事です。


嫌味を言われたとき、気にしてない態度を取ると、

相手が勝手に反省する場合もあります。

最後に

上司などに皮肉や嫌味を言われたら?

嫌味を言う人の対処方法についてご紹介しました。

嫌味を言われたら、気にしない事が1番!

その嫌味に意味なんて、ない事がほとんどです。

【スポンサーリンク】