贈り物(プレゼント・手土産)などを渡す時の言葉・文例

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

贈り物(プレゼント・手土産)などを渡す時の言葉や文例」についてご紹介しています。

仕事などでお世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるには、

言葉と一緒に贈り物やプレゼントを贈ると良いでしょう。

他にも、お祝いや家に招かれた際などプレゼントや手土産を渡す機会はたくさんあると思います。

今回は、贈り物を渡す時に使う言葉文例について記載していきます。

▼ギフト選びに困ったら

カタログからお品物まで上品なギフト選び

【スポンサーリンク】

贈り物を渡す時の言葉

贈り物を渡す基本フレーズ

どうぞお納めください

贈り物をする時の基本の言葉

「どうぞお受け取りください」というよりこなれた言い方

明るく言えば、雰囲気が柔らかくなって受け取ってもらいやすくなる

感謝の気持ちです

お世話になった人に贈り物をする際や

お礼を言うため訪問した時に手土産を渡す時に使う言葉

例⇒「その節は、本当に助かりました。感謝の気持ちです」

ほんのお礼の気持ちです

相手の何らかの行為に対して感謝の気持ちを込めて贈り物を渡す時の言葉

この言葉を添えると相手の負担が和らぎ受け取ってもらいやすくなる

例⇒「その節は本当にありがとうございました。ほんのお礼の気持ちです」

お気に召していただけたら嬉しいのですが

贈り物を持参したときに使う言葉

例⇒「旅先でとてもおもしろい物を見つけました。お気に召していただけたら嬉しいのですが」

例⇒「知り合いの間で美味しいと評判のお菓子です。お気に召していただけたら嬉しいのですが」

【スポンサーリンク】

かたちばかりではございますが

贈り物を渡す時の謙虚な言葉

例⇒「かたちばかりではございますが、お納めください」

心ばかりのものですが

手土産など、これまでのつきあい、

これからのお近づきのために、ちょっとした贈り物をするときに添える言葉

高価なものを贈る場合には、適さない

ごあいさつのしるしとして

なぜ私に贈り物を?と相手が疑問に思ったり、恐縮すると思われる時に使うと良い言葉

「ごあいさつのしるしにどうぞ」などでも使える

食べ物を贈る場合のフレーズ

お好きだと伺ったので

食べ物を贈るときに使う言葉

相手の好みを調べておく事が重要

自分の好みに気を配ってもらい、好きな物を贈られると細やかな心遣いを嬉しく思うもの

田舎から送ってきたんです

ちょっとした差し入れをする時にわざわざ買ってきたわけではないので、

気兼ねなく召し上がってください。という思いを伝える事が出来る

また自分が生まれ育った地域の珍しいものである事も、知ってもらう事もできる

お口に合いますかどうか

取引先やお世話になってる人に菓子折りを持参した時の言葉

例⇒「いつもお世話になっております。お口に合いますかどうか」


最後に

贈り物は、物を渡すのではなく気持ちを渡すともいわれてます。

アナタの感謝の気持ちがシッカリ相手に伝わるように、贈り物を渡す時は、今回ご紹介した言葉や文例を参考にしてみて下さい。

▼ギフト選びに困ったら

カタログからお品物まで上品なギフト選び

【スポンサーリンク】