さんまのツナ風ディップ!得する人損する人の【ウル得マン】で紹介されたレシピ!

あのニュースで得する人損する人の得損ヒーロー【ウル得マン】が紹介していたさんまを使ったレシピ

その中で紹介されたさんまのツナ風ディップの材料と作り方をご紹介します!

このレシピのポイントは、他の料理にも使いまわせる「イタリアンオイル」を使ったさんまのツナ風ディップです!

2016年9月8日に放送された得損の【ウル得マン】がさんまをメイン食材にして30分間の間で作った7品のうちの1つです。

「ウル得マン」のさんまレシピ一覧

【スポンサーリンク】

さんまのツナ風ディップのレシピ

さんまのツナ風ディップ!得する人損する人の【ウル得マン】で紹介されたレシピ!

今回登場する得損ヒーローはスピード自慢の「ウル得マン」です。

ウル得マンは、毎回スゴイ速さで様々な料理を完成させてくれますが今回はさんまを使った料理を30分間でなんと7品も完成させてましたね!

その30分間の中には、普段の生活の中でも活用できる時短ワザがいっぱい詰まってました。

今回は、その7品のうちの1つ「さんまのツナ風ディップ」のレシピをご紹介したいと思います。

その前にまずは、今回のメイン食材のさんまの下処理の裏ワザからご紹介

さんまの下処理の得ワザ

内臓の取り方

さんまのおしりのほうから頭に向けて切るのがポイント!

そうすることで、包丁が入りやすくなり内臓を傷つけにくいのでキレイに内蔵が取れる!

腹骨の取り方

身の部分を多く取りすぎてしまうという悩みを解決してくれる得ワザを披露!

包丁の刃先を上にして包丁の背を使い身と骨の間に入れる

そうする事で、身と骨の境目が切断され、包丁を入れた時に身をあまり切らずに骨をキレイに取り除くことができる得ワザ!

皮のキレイなはぎ方

この方法は、さんまだけでなく青魚全般に使える得ワザです。

まな板に、皮を下にしてさんまを置いてください。そして、左手で皮の端っこを持ちながら、身と皮の間に包丁を入れる。

この時、包丁の背を使うのがポイント

そして、包丁の背をまな板にこすりつけながら、皮をキレイにはいでいく!

この方法は「みねごき」という


では、さんまの下処理が終わったので次にさんまのツナ風ディップの材料と作り方をご紹介していきます。

さんまのツナ風ディップの材料(1人分)

  • さんま 1/2尾
  • マヨネーズ 大さじ2
  • 乾燥パセリ 少々
  • バゲット 5~6枚
【スポンサーリンク】

作り方

熱したイタリアンオイルの中に、生のさんまをそのまま入れる

※イタリアンオイルの作り方は、下記参照

火が通ったらさんまを取り出して、細かく身をほぐす

マヨネーズと乾燥パセリを加えて、かき混ぜてディップの完成!

オーブントースターで焼いたバゲットを添えたら完成!

イタリアンオイルの作り方

上記のレシピに出てきた「イタリアンオイル」の作り方をご紹介します。

材料

  • オリーブオイル 240ml
  • ニンニク 1片
  • 鷹の爪 1個

作り方

上記の材料を混ぜるだけで完成!驚くほどとっても簡単ですね!

このイタリアンオイルは、他の料理にも使いまわしてましたね。

イタリアンオイルを使った他のレシピはこちら

さんまのアヒージョ

さんまの塩焼き・ジェノバソース風

最後に

あのニュースで得する人損する人の得損ヒーロー【ウル得マン】が披露していた「さんまのツナ風ディップ」のレシピをご紹介しました。

2つの魔法のタレを使い7品もの料理を完成してしまうなんてさすがです。

簡単なのに、どれも美味しそうですね!おつまみにも最適な今回のさんまのツナ風ディップ

是非、お試しください!

【スポンサーリンク】

「スマートな人」と「ふっくらな人」の違いは「○○○○」にあったことが判明

衝撃事実発覚!
「スマートな人」と「ふっくらな人」の違いは、
なんと・・・「○○○○」にあったことが判明!
あなたは、どっち?
自分の「○○○○」を整えることで、スマートな体型を手に入れよう!
その方法をご紹介します。