牛乳を飲んでも下痢しない方法を知ってますか?

牛乳を飲むと下痢になる方って意外と多いですよね。

ですが、原因も対処法もよく分からないので、なるべくなら牛乳は飲まないという方も多いはず

しかし、牛乳を飲んでも下痢しない方法・飲み方があったら知りたいと思いませんか?

下痢しない飲み方は原因を知れば対処法が分かります。

そこで、今回は牛乳を飲むと下痢してしまう原因と対処法について調べてみました。

【スポンサーリンク】

牛乳を飲むと下痢になる原因

牛乳

牛乳を飲むと下痢になってしまうのは、体質や体調、生活習慣などが原因だと考えられます。

まず、日本人という特有の体質が関係しています。

日本人は欧米に比べて乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)という体質が多い民族です。

乳糖不耐症とは、消化器系統で乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が減少して生じる不耐に関する諸症状のことです。

つまり、牛乳に含まれる「乳糖」という成分が消化酵素がうまく働かず消化できない為、下痢になってしまうのです。

また、一気に冷たい牛乳を飲んでしまうと牛乳に含まれる脂肪やたんぱく質を胃が分解できないため、下痢になってしまうのです。

牛乳を飲んでも下痢しない飲み方

牛乳を飲んでいる人

次に原因が分かったので、そこから対処法を考えていきたいと思います。

牛乳を飲んで下痢になってしまう原因は、乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が少ないため、下痢になってしまうというものでした。

ですので、消化酵素の働きを活発にすればよいというわけです。


その方法の一つとして、牛乳を温めることで消化酵素の働きを活発にすることが出来るのです。


また、毎日少しずつでも牛乳を飲み続けると乳糖分解酵素の働きも少しずつ強くしていくということもあります。

無理は禁物ですが、温めてゆっくり、少量を少しずつ飲んでいくと良いでしょう。


しかし、無理して飲んで下痢を繰り返すのはよくありません。

下痢は軽いものから重症なものまであります。

重症な下痢は、体内から食べ物が急速に排出されてしまいます。

そのため、身体に必要な栄養素が吸収されない場合などもあります。

決して、無理はしないようにしてください。

どうしても、ダメな場合は

温めて少しずつ飲んだとしても、下痢になってしまう!

そういう方は、無理して飲む必要はないと思います。

だけど、牛乳が好きな人にとっては諦められないですよね。

そんな時は、乳糖分解済みの牛乳がオススメです。

今では、乳糖分解済みの牛乳なども販売されてますので、そちらを飲むのも一つの手です。

他の対策方法

牛乳がどうしても、飲めない場合はヨーグルトやチーズなどの発酵乳製品を食べるというのも一つの手です。

発酵乳製品を作る時、牛乳に乳酸菌を添加して発酵させます。

この際に、乳酸菌が乳糖を栄養源として消費してくれるので「乳糖」が減るのです。そのため、牛乳よりも乳糖の含有量が減る事になりますので摂取しやすくなります。

チーズは、さらに乳糖の含有量が減ります。

カルシウム欠乏に注意

また、牛乳などの乳製品を避けている方は、カルシウムのサプリメントなどを摂取してカルシウム欠乏を防ぐ事も大事です。

まとめ

今回は、牛乳を飲んでも下痢しない飲み方と下痢になってしまう原因についてご紹介しました。

乳糖不耐症だけど、牛乳が好き!飲みたい!という方は是非、参考にしてください。

しかし、無理をして飲み下痢を繰り返すのは決して良くありません。

そこは、注意してくださいね。

【スポンサーリンク】