化粧水だけで保湿は十分?敏感肌の原因に?

敏感肌の原因ともいわれている乾燥

その乾燥を防ぐ為の保湿はとても大事です。

しかし、化粧水だけでクリームは塗らない方も結構多いと思います。

そこで、化粧水だけで保湿は十分なのか?について調べてみました。

【スポンサーリンク】

化粧品だけで保湿は十分?

化粧水は、水が7~8割を占めています。

保湿成分は、おもに水溶性であるため、これだけで保湿を完璧にすることはできません。

油溶性の保湿成分を含む乳液やクリームを併用することで保湿は確かなものになります。

その中で効果があるのがセラミドです。

セラミドは、主にクリームなどに配合される事が多いです。しかし最近では化粧水に配合されたものを増えてきました。

その理由としては、セラミドは元々油溶性だからです。

しかし、化粧水に配合するために、水溶性のセラミドが研究され、最近では難しいとされていたセラミドが配合された化粧水も販売されるようになりました。

セラミドの効果については、この記事の下記のほうで詳しく記載しています。

セラミド&オイル美容で、もちもちのハリ肌に♪

化粧水には4種類ある

化粧水の種類

  1. 保湿化粧水
  2. 収れん化粧水
  3. 拭き取り化粧水
  4. 目的別化粧水

化粧水には、主にこういった種類があります。

一つずつ詳しく説明していきます。

1.保湿化粧水

皮膚の柔軟と保湿を目的としたものです。

ヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲンなどの保湿成分が使われ、モイスチャーローション、エモリエントローションと呼ばれています。

保湿したいのでしたら、保湿化粧水を選びましょう。

2.収れん化粧水

収れん化粧水は、うるおい効果があるだけではなく、瞬時に肌を引きしめ、過剰な皮脂や汗の分泌を抑制し、キメを整えながら肌をひんやり気持ちよく整える効果のある化粧水です。

肌を引き締める収れん剤や清涼感を与えるアルコールが多く含まれ、保湿成分の含有量は保湿化粧水に比べると少な目です。

トーニングローションと呼ばれています。

3.拭き取り化粧水

クレンジングクリームなどをティッシュペーパーで拭き取ったあと、肌に残る油分を拭き取るための化粧水です。

4.目的別化粧水

1~3のほかにも、目的に合わせて使う化粧水が増えています。

トラネキサム酸入りで美白効果のあるものや、ビタミンC誘導体、ニキビ肌専用化粧水などがあります。

また、次に使う化粧品の肌へのなじみをよくするために使うプレ化粧水などもあります。

【スポンサーリンク】

皮脂で脂っぽいから保湿は不要?

ニキビができやすいし、皮脂がどんどん出るからクリームは塗らない。保湿はあまりしない。そういった方がたまにいます。

皮脂と保湿の関係で悩んでいる方は、結構多いと思います。私のその一人です。

しかし、皮脂は、本当に保湿に役立っているのでしょうか?


お悩み子お悩み子

皮脂が多いTゾーンは保湿をあまりしてないです。
でも、これで本当にいいのかな?


調べてみると、皮脂膜は保湿の三大要素のひとつでしたが、角層の中で水分を保持する働きの割合は2~3%しかありません。

つまり水分保持への貢献度は低いのです。

このことか皮脂があるから十分潤ってるというのは間違いだという事が分かります。

皮脂でべたつく部分でも洗顔後は、シッカリと保湿をしないと乾燥し、ニキビの原因となってしまう事もあるので注意しましょう。

保湿とは

では、保湿とはそもそも、どういったことなのでしょうか?

保湿とは、肌の水分量を保つことです。

水分保持力に優れるセラミドを中心とした保湿成分を角層に届けることが数ある保湿のお手入れの中でももっとも確かな結果を出します。

保湿を担う三大要素は角層にある

角質層は、肌の一番表面にあります。

角質層の厚みは0.02ミリほどしかないですが、そこには肌の保湿を担っている三大要素が全てあります。

三大要素

  1. 皮脂膜
  2. 天然保湿因子(NMF)
  3. 角層細胞間脂質

主に水分を保持する働きを担っているのは角層細胞間脂質

角層の中でも水分を保持する働きの割合は

皮脂膜が2~3%」「天然保湿因子(NMF)が17~18%」「角層細胞間脂質が80%」です。

つまり、角質細胞間脂質が主に水分を保持する働きを担っているのです。

その角質細胞間脂質の主成分は、全体の50%を「セラミド」が占めています。

水分を保持する仕組み

自身の角質細胞がつくりだす脂質で角層の間に水を抱え込みながら、細胞どうしを密着させる作用があります。

この細胞間脂質が、細胞と細胞が剥がれないようにしていることにより、 角質層は健全な層構造を形成し、水分の蒸発が防いでいるのです。

セラミド不足で乾燥

たとえばアトピー性皮膚炎のある人はそうでない人と比べるとセラミドの量が3分の1しかありません。

そのため肌が常に乾燥しやすい状態にあるのです。

セラミドなどの保湿成分を角層に届けることで、水分を抱え込む働きを助けうるおいのある肌を保つことができるのです。

セラミドの美容効果・継続時間について

セラミドが入ったオススメの化粧水


▼敏感肌のことも考えてくれてるオススメなアイテムです!


▼化粧水のあとに、セラミドオイルでさらに保湿を確かなものに!


▼セラミド配合のオールインワンゲル

最後に

保湿をするには、化粧水だけでは十分とはいえないです。

しかし、上記でもあげたように、セラミド配合の化粧水を使うことで、保湿の効果はあがります。

化粧水は毎日、肌につけるものですので、自分のお肌の成分に近いものを選んでいきたいですね。


▼お肌トラブルに関して、してはいけない20個の事!

敏感肌の原因となる行動!ストレス?乾燥?普段何気なくやってる事が原因だった!

【スポンサーリンク】