三船美佳高橋ジョージに対して財産分与申し立てをしていたことが9月11日に報道された。

「モラハラ離婚完敗」

三船は「婚姻を継続し難い重大な事由」として

『モラハラがあった』と訴えていたが、結局、裁判でモラハラを証明することは出来なかった。

このことから、「モラハラ離婚完敗」と言われてしまっているようです。

さらに、三船美佳が高橋ジョージに対して財産分与の申し立てをしていたことが明らかとなり、批判の声が殺到しているようです。

【スポンサーリンク】

三船美佳が財産分与申し立てをしていた

【やっぱり金?】三船美佳が財産分与申し立てをしていた!モラハラ離婚完敗

三船美佳が高橋ジョージに対して

財産分与の申し立てをしていたことが9月11日に報道された。

女優でタレントの三船美佳さんと

歌手でタレントの高橋ジョージさんは、2016年3月に協議離婚が成立した。

金銭に関する離婚条件については、三船美佳さんの会見に同席した弁護士から

「慰謝料も養育費も求めていない。あとは高橋さんが自発的に子供を考え負担してくれればありがたい」



と説明があった。


しかし、三船美佳さんが高橋ジョージさんに対して

「財産分与の申し立て」をしていたことが9月11日、報じられた。

それによると三船は、離婚成立後も高橋が現在住んでいる3億円ともいわれる東京都内の家のローン支払いを継続。

それ故に「ローンを払い続けているなら、財産分与を求めたほうがいい」と周りから勧められて決断したという。

引用元:http://www.excite.co.jp/News/


この報道を受けて、ネットでは批判的な声が殺到しているようだ。

「やっと離婚できたし、次は金ってか? イメージ悪い」
「今さらこれを言うのは、完全に本人のイメージダウン」
「干され始めたので収入厳しいからだろ」
「言うことに一貫性がないし、モラハラも今では疑わしい」

などという批判的なコメントが殺到


ロードの印税が年間1200万円

三船美佳さんは、このような批判的な声があがるのも予想できたと思うし、

イメージダウンは間違いない結果になるのはきっとわかっていたはず。

しかし、なぜ財産分与を申し立てたのだろう?

【スポンサーリンク】

調べたところ、高橋ジョージさんは今「ロード」の印税が今でも、年間1200万円もあるという!

ロードといえば、THE 虎舞竜の大ヒットした名曲!

THE 虎舞竜は、1982年にデビューした日本のロックバンドです。


エキサイトニュースによると

「高橋はトーク番組で、今でも『ロード』の印税が年間1200万円あるとか、離婚問題が各局で取り上げられていた時は、『ロード』が流れるたびに印税が入ってきた、と話しています。一方、“モラハラ”で高橋を糾弾していた三船でしたが、なぜか自身の評判が悪くなったせいか、テレビでの出演や営業が減ってしまいました。話題作りでもして仕事を増やそうとでも考えてはいるのではないでしょうか」(芸能記者)

とのこと!

『ロード』の印税が年間1200万円は、スゴイですね。


モラハラ離婚をめぐって、様々な報道がされてきたが、三船美佳さんのイメージダウンは止まらないのだろうか・・・

子供を育てるには、お金はどうしても必要なもの

なんだか複雑な気持ちです。

【スポンサーリンク】