化粧崩れの原因と防止方法!夏のひどい崩れもこれで安心!!

バッチリ化粧をしても、気付いたら化粧崩れしてる!!

そういった経験はありませんか?

化粧崩れが気になるので、防止しようと良かれと思ってしてる方法が逆効果になってしまい、それが原因でひどい化粧崩れにつながってしまうケースもあります。

そこで、今回は、化粧崩れの原因と、正しい防止方法をご紹介します。

夏のひどい化粧崩れも、防止出来る簡単な方法ですので今日から取り入れて崩れ知らずのパーフェクトフェイスを手に入れちゃいましょう!♪

【スポンサーリンク】

化粧崩れの原因

シッカリと、化粧崩れの原因を知ることで、正しい防止方法が分かりますので、まずは原因を知っていきましょう。

化粧崩れの原因

  1. 乾燥
  2. 皮脂

1つずつ、細かく解説していきます。

1.汗

汗が出ることでファンデーションが流れてしまい、化粧崩れへと繋がってしまいます。

2.乾燥

肌の保湿成分がなくなり、乾燥することで、ファンデーションが肌に密着しなくなり、ヒビが入り、化粧崩れの原因となります。

3.皮脂

汗と同様に脂が出て、ファンデーションが流れてしまい化粧崩れの原因となります。

また、オイリー肌の方はもちろんですが、それ以外の方でも、肌が乾燥してしまったことで、潤いを保とうと皮脂が出て、それが原因で化粧崩れへとつながってしまう場合もあります。

お悩み子お悩み子

原因は分かったわ!けど、実際に化粧崩れを防止するにはどうすればいいの?

【スポンサーリンク】

化粧崩れ防止方法

それでは、化粧崩れの原因が分かったので、次に化粧崩れの防止方法に関してご説明していきます。

化粧崩れを防ぐには、大きく分けて、朝のメイク時に行うことと、日中気を付けることがあります。

朝のメイク時に行う化粧崩れ防止方法

化粧崩れの原因と防止方法!夏のひどい崩れもこれで安心!!

まずは、朝のメイク時にする5つのポイントをご紹介

とても、簡単なことですので、朝の忙しい時間でも大丈夫!

少しだけ時間に余裕をもって行えば、その日1日はバッチリメイクの完成です♪

1.スキンケアは、しっかりハンドプレスをして、なじませる

化粧水をつけたらしっかりハンドプレスをしましょう。

そして、乳液をつけた後も、しっかりとハンドプレスをしましょう。

一つ一つ、しっかりと肌になじませることを意識しながら、ハンドプレスをしていきましょう。

化粧水をつけて、すぐに乳液をつけて。としっかりと肌になじませていないと、

肌に浸透しなかった液体とファンデーションが混じってヨレてしまい、化粧崩れの原因となってしまいます。

また、逆に時間を置き過ぎるのも注意が必要です!!

時間を置きすぎてしまうと、化粧水が蒸発してしまい余計に乾燥してしまいますので、肌に水滴が無くなったのを確認したら、すぐに次の工程にうつるようにして下さい。

2.Tゾーンには乳液を薄く塗る

乳液を塗る時、乾燥しやすい頬などは多めに塗って、皮脂が多いおでこや鼻のTゾーンは薄めに塗りましょう。

皮脂の多い部分は、乳液を塗った後にティッシュで軽くおさえてからファンデーションをつけるようにしましょう。

Tゾーンなどの皮脂分泌量が多い箇所に、乳液を塗り過ぎてしまうと、ファンデーションと混じってヨレてしまい、化粧崩れの原因となってしまいます。

3.自分の肌質に合った下地を塗るようにしましょう

化粧下地を使っていない方は是非、取り入れましょう。

化粧下地にはお肌の土台を整え、ファンデーションの密着度を高める効果もあるため、化粧崩れしにくくなります。

また、化粧下地を使ってるのに、化粧崩れがひどい。という方は、ご自身の肌に合ってない可能性が高いので、ご自身の肌に合った下地を塗るようにしましょう。



◆テカリが気になる方にオススメの化粧下地

余分な皮脂を吸着してくれる化粧下地

嬉しいことに、下地としてだけではなく、これ一つで自然なすっぴん風に仕上げることが出来ます♪


◆乾燥が気になる方にオススメの化粧下地

つやのある質感に仕上げる下地美容液

ポーラ最高峰ブランドB.Aベースメーク。

独自開発したカプセル状保湿成分「エッセンスインナノルートカプセル」が角層環境を整え、化粧ノリを高めてくれるアイテム

POLA ポーラ B.A ザ デイセラム 25g 送料無料
価格:9180円(税込、送料無料)

4.ファンデーションを厚く塗りすぎない

化粧崩れが気になるからといって、ファンデーションを厚く塗るのは逆効果です。

ファンデーションを厚く塗りすぎると、肌になじまなかった部分が崩れやすくなってしまいます。

出来るだけ薄く塗るように心がけましょう。

5.目の下にも忘れずにファンデーションを塗る

マスカラやアイラインがにじむなど、アイメイクがよく崩れる方は、目の周りのパウダーが不足してる証拠。

パフを折り曲げて、パウダーファンデーションまたはフェイスパウダーをしっかり塗りましょう。

【スポンサーリンク】

日中気を付けるポイント

化粧崩れの原因と防止方法!夏のひどい崩れもこれで安心!!

では、次に日中に気を付けるポイントをご紹介します。

1.皮脂は、あぶらとり紙でこまめに取り除く

皮脂のテカリが気になったらその都度、あぶらとり紙でおさえましょう。

2.乾燥が気になっても、ミストは使わない

乾燥が気になる方への化粧直し方法として、ミストを使うのが一般的になってきましたが、こちらは逆効果となってしまうため、あまりオススメはできません。

ミストを使うことで、一時的には潤いますが、蒸発する時に顔の水分を一緒に奪っていってしまうため、乾燥を招く結果となってしまいます。

顔の汗が多く化粧崩れがひどい方に

顔の汗がひどくてお悩みの方に、日本初の顔汗用、制汗ジェル登場!

メイク前も、メイク後も使用可能!


最後に

今回は、化粧崩れの原因と防止方法についてご紹介しました.

メイク前と、メイク時、そして日中の気を付けるポイント

このポイントをシッカリ抑えて化粧崩れを防止していきましょう!

今回、ご紹介したものは、どれも今日からすぐにでも、開始できる簡単な方法ですので、うまく取り入れて崩れ知らずの毎日をゲットしちゃいましょう!!

【スポンサーリンク】