はっきりとした二重まぶたの瞳

このページは美容で役立つ「顔・まぶた・目などのメイクかぶれの原因」についてご紹介しています。

メイクでまぶたが、かぶれてかゆくなったり、赤くなったり特に肌が乾燥する時期に多いかぶれ。

アイシャドウをのせたら赤くなってかゆくなってしまったり、口紅を塗った部分が腫れてきてしまったなど顔のかぶれで悩んでいる女性は多いと思います。

私もその一人です。つい先日、目(まぶた)がかぶれて、かゆくなってしまって大変でした。

そこで今回は、顔(まぶたや唇)などがメイクでかぶれてしまう原因について調べてみました。

【スポンサーリンク】

メイクで顔がかぶれる原因

肌が乾燥してバリアが弱くなる時期にメイクによるかぶれが多く発生してしまいます。

この「メイクかぶれ」の「かぶれ」は、接触性皮膚炎というものです。

皮膚に直接、触れたものが原因でおこり、赤みやかゆみ、湿疹を伴います。

この接触性皮膚炎には、大きく分けて2種類あります。

接触性皮膚炎の種類

  1. アレルギー性接触皮膚炎
  2. 刺激性接触皮膚炎

この2種類です。一つずつ詳しく説明していきます。

アレルギー性接触皮膚炎

体内の抗体が異物(アレルゲン)を排除しょうとして、起こるのが、アレルギー性接触皮膚炎です。

化粧品に含まれる保存料や、金属成分(着色成分など)、界面活性剤など、様々な成分に対して起こることが分かっています。

こちらの皮膚炎は、症状が治っても、もう一度同じ物質に触れると同様の反応を繰り返すのが特徴です。

刺激性接触皮膚炎

外からの刺激物が皮膚に過剰に触れ、吸収が高まることで起こるのが、刺激性接触皮膚炎です。

肌をこする刺激や乾燥などにより、バリア機能が弱まった部位に生じやすいのが特徴です。

パックの長時間連続使用などが原因で起こることもあります。

こちらの刺激性接触皮膚炎は、アレルギー性接触皮膚炎とは異なり、化粧品の成分に対するアレルギー反応で起こるわけではありません。

使う人の肌の状態(バリア機能低下など)や、化粧品の誤った使い方によって起こるかぶれといえます。

【スポンサーリンク】

メイクかぶれで多いのは?

コスメ

メイクかぶれで、皮膚科などのクリニックを訪れる人の多くが、2番目に紹介した「刺激性接触皮膚炎」です。

このことから、まずはまぶたなどにかぶれを感じたら自分の肌の状態や化粧品の使い方に原因がないか考えてみましょう。

そして、皮膚科などで早めにみてもらい悪循環をいち早く止めることが大事です。

メイクでかぶれる原因は乾燥や刺激が主

今回は、メイクでかぶれてしまう原因をご紹介しました。

最後にまとめておきます。

メイクで顔やまぶたがかぶれる原因

  1. アレルギーによって
  2. 乾燥でバリア機能が低下したため
  3. 刺激によりバリア機能が低下したため

いつも同じ化粧品を使っているのに、日によってかぶれが出る場合は2番目の刺激性接触皮膚炎の可能性が高いです。

乾燥や刺激によって引き起こされるものですので保湿を心がけ、擦るなどの刺激を与えないように十分注意しましょう。

万が一、まぶたなどがかぶれても、メイクをしないで外出する勇気はなかなか出ないのが女子の悩みどころですよね。

しかし、そのまま放置してメイクを続けてたら肌をますます傷つけてしまっています。

ですので、顔などにかぶれの症状がでてきたらスグに皮膚科でみてもらう事をオススメします。

決して無理は禁物です!


▼お肌トラブルに関して、してはいけない20個の事!

敏感肌の原因となる行動!ストレス?乾燥?普段何気なくやってる事が原因だった!

【スポンサーリンク】