【何度も確認してしまう心理】病気?神経質?不安?鍵・戸締り・何度も手を洗う!

このページは「鍵・戸締りを不安で何度も確認してしまう心理・病気?神経質?」についてご紹介しています。

出かける時に、不安で鍵をかけたかどうか、戸締りを何度も確認してしまう事はありませんか?

また、何度も手を洗うことはありませんか?

私は、昔何度も手を洗うという事を仕事中にしてました。

これは、ただ神経質なだけなのか?

それとも、病気なの?と心配になりますよね。

そこで、今回は「何度も確認してしまう心理」についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

何度も確認してしまう心理

では、早速ですが何度も確認してしまう心理についてご紹介していきます。



まず、質問ですがあなたは家の鍵をかけたかどうか不安になって

何度も確認してしまう事はありますか?

または、1日に何度も手を洗うということをしますか?



こういったように、過剰なまでに

「ある行動をせずにはいられない」

「あることを考えずにはいられない」といった事があるようならそれは、

強迫性障害」かもしれません。


「強迫性障害」とは、よくない考えが繰り返し頭に思い浮かび、

強い不安などを感じる状態であり、それによって何度もある行動をしないと気が済まなくなるという病気です。



その中でも、主に下記のようなものがあります。

洗浄強迫

【何度も確認してしまう心理】病気?神経質?不安?鍵・戸締り・何度も手を洗う!

最も多い強迫観念は汚染に関するものです。

不安で何度も手を洗わずにはいられないようなら、それは「洗浄強迫」と呼ばれるものです。

確認強迫

【何度も確認してしまう心理】病気?神経質?不安?鍵・戸締り・何度も手を洗う!

火の元の確認や、鍵をかけたかどうか、

戸締りしたかどうかなど、何度も確認してしまうのは

「確認強迫」と呼ばれるものです。

犯罪や火事などに、巻き込まれることに対して極度の不安がある可能性があります。

【スポンサーリンク】

強迫性障害のその他の症状

強迫観念と強迫行為について上記2点以外のものをご紹介します。

儀式行為

何かをする時に自分の決めた手順で行わないと不安になる。

物の配置のこだわり

物の配置の仕方にこだわりがあり、その通りになっていないと気がすまない。

数字へのこだわり

不吉な数字や幸運な数字などにこだわりすぎてしまう

加害恐怖

誰かに危害を加えてしまうかもしれないという不安な気持ちになる

神経質なだけ?

何度も確認してしまうこういった行動は、過剰でなければ少し神経質なだけだと思われますが

日常生活に悪影響が出ていたり、周りの人が困っている場合は一度、

医療機構に相談したほうがよいかもしれません。


強迫性障害は、治療によって改善する病気です。

我慢の訓練をするような「曝露反応妨害法」という治療法や投薬治療が通常、行われます。

最後に

鍵や戸締りなどを何度も確認してしまう心理についてご紹介しました。

何度も手を洗うという事も、過剰になれば病気の一種というのは驚きですね。

しかし、病気なんだ・・・と落ち込んでさらに、悪化してしまったら意味がありませんからね!

現状、日常生活に支障が出てないようなら、気にしすぎは禁物ですね!

【スポンサーリンク】