授業中や仕事中など、静かな場所でお腹がぐぅ~と鳴ると、とても恥ずかしいですよね。

どうにかして、対処したい!と思えば思うほど、お腹が鳴るのが気になってしまって仕事に集中出来なかったり、大きい音が鳴ってしまったり…

お腹は、とくに空いてないのに、お腹が鳴るときもあるので、なかなかいい対処法が見つからず、悩んでる方も多いと思います。

なので、今回はお腹が鳴るのを防ぐ対処法をご紹介したいと思います。

調べてみて、今までお腹が鳴るのを防ぐために、一生懸命してきたことが意外にも逆効果だったということが分かりました。

意外と、みんなもしがちな間違った対処法!

もう、これ以上恥ずかしい思いをしないためにも、お腹が鳴るのを防ぐ正しい方法を理解して明日からストレスない毎日を過ごしましょう!

【スポンサーリンク】


お腹が鳴るのを防ぐ方法

お腹が鳴るのを防ぐ方法!簡単対処法で解決!

それでは、早速ですがお腹が鳴るのを防ぐ方法をご紹介していきます。

冒頭でもご説明したように、お腹が鳴るのを防ぐために、必死にやってきたことが、意外と逆効果だったということもあるみたいです。

私がそうでした。苦笑

なので、それについても、お話ししてきますが、まずは、お腹が鳴るのを防ぐ方法からご紹介していきます。

背筋を伸ばし、お腹を少し膨らまして胃に少し力を入れる

お腹が鳴りそうになったら、背筋を伸ばしお腹を膨らませて胃に力を入れましょう。

お腹が鳴りにくくなります。

大きく息を吸って息を止めお腹に力を入れる

大きく息を吸ってから、できるだけ長く止めて我慢する。そのあと、ゆっくりと吐き出しましょう。お腹の中がスッキリしてお腹が鳴りにくくなります。

万能のツボ「合谷」を押す

親指と、人差し指の間にある「合谷」を押してください。

このツボは、万能のツボといって、お腹が鳴るのを防ぐだけでなく、空腹を防ぐ効果もあります!

胃に力を入れる事ができない場合は親指などで胃を押す

空腹時に胃を押すと多少痛みがあると思います。

そこを親指で押すと鳴りにくくなります。

【スポンサーリンク】

お腹をグーでトントンと痛くない程度に叩く

胃の辺りをトントンとグーでマッサージするように叩けば空腹感のモヤモヤが消えて、お腹が鳴りにくくなります。

ゲップをしてお腹の中の空気を出す

お腹の空気を予め出しておくと、お腹の中のモヤモヤが解消されて、お腹が鳴りにくくなります。


逆効果の方法

調べてみると、意外と間違えた方法で防ごうとして、逆効果なことがいっぱいありました!それらをご紹介!

空腹を紛らわそうとして水を大量に飲む!

お腹が鳴りそうだから、お腹を膨らませれば、お腹が鳴るのを防げると思い、結構やってる人は多いはず。

しかし、この方法をしてしまうと、逆にお腹が大きく鳴りやすくなってしまいます。

※最初の15分ほどは、鳴るのを防げるみたいですが、すぐに効果はなくなってしまいます。

炭酸系の飲み物を飲む

お腹が鳴るのを防ぐ方法!簡単対処法で解決!

炭酸飲料を飲むと満腹感がありますが、効果はほんの一時的です。

お腹が鳴る原因は、お腹の中にたまる空気です。ですので、炭酸の飲みすぎは注意が必要です!

最後に

お腹が鳴るのを防ぐ方法を色々とご紹介してきましたが、この方法なら仕事中や授業中でも、いつでもできますね!

お腹が鳴るのは、本当に恥ずかしいですが、気にしすぎが、1番悪循環を生みます!

なので、1番は「気にしない」ことが、お腹を鳴るのを防ぐ1番の方法だったりします!

色々な方法を試してあなたに、あった方法を見つけてください!

【スポンサーリンク】