相談に乗ってもらったお礼の敬語と文例!上司などビジネスシーンで

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

上司などに相談に乗ってもらったお礼を伝えるときの敬語と文例」についてご紹介しています。

仕事で悩んでいることがあったり、

プライベートで悩んでいることがあったり、様々な悩みを日々抱えながら生きています。

ですから悩みを相談することがとても大事ですよね。

上司や友達などに相談に乗ってもらったお礼は、きちんとしていますか?

あなたの感謝の気持ちは、シッカリ言葉にして伝えないと相手には伝わりません。

ビジネスマンは、シッカリと感謝の気持ち・お礼を伝えるのがマナーです。

今回は相談に乗ってもらったお礼を伝える時の敬語と文例についてご紹介していきます。

【スポンサーリンク】


相談に乗ってもらったお礼の伝え方

お礼の基本フレーズ

ご迷惑ではありませんでしたか

相談に乗ってくれた相手に、気遣いを示し、

感謝の言葉と同時に述べるといいフレーズ

例⇒「今日は長い時間、本当にありがとうございました。ご迷惑ではありませんでしたか」

御馳走までしていただいて

相談に乗ってもらっただけでなく、

ご飯なども御馳走になった場合などに用いるフレーズ

例⇒「ご相談にのっていただき、御馳走までしていただいて本当にありがとうございました。」

相談に乗ってもらった後の気持ちの変化も伝えるフレーズ

今後は前向きにやっていきます。

相談にのってもらったことで、

気持ちが前向きになりました。と感謝の気持ちを伝える

例⇒「部長の経験に学んで、今後は前向きにやっていきます」

【スポンサーリンク】

おかげさまで悩んでいた事も解決しました

相談に乗ってもらったことで、

悩みが解決しましたと感謝の気持ちを込めて伝えるフレーズ

例⇒「本日は長い時間、本当にありがとうございました。おかげさまで悩んでいた事も解決しました」

頂いたアドバイスで、随分と気持ちが楽になる事ができました

こちらも相談に乗ってもらったことで悩みが解決した、

気持ちが楽になったと感謝の気持ちを込めて伝える言葉

例⇒「おかげさまで、部長からいただいたアドバイスで、随分と気持ちが楽になる事ができました」

また相談に乗ってほしいという気持ちを伝えるフレーズ

また相談に参ります

相談相手と別れるときに使うフレーズ

また相談したいと表すことで

「相談して、本当に良かった」と気持ちを伝えることが出来る

感謝の気持ちを伝えるのに、また相談に乗って欲しいと伝えると更に感謝の気持ちを伝える事が出来ます。

例⇒「今日はどうもありがとうございました。また相談に参りますのでよろしくお願いいたします」

いつでも相談に来て良いとのお言葉を頂いた事がとても有難く

相談相手から、いつでも相談においでと声をかけてもらえたとき、

後日会った時など感謝の気持ちを伝える言葉

例⇒「また、部長から、いつでも相談に来て良いとのお言葉を頂いた事がとても有難く、安心して仕事に打ち込めそうです。 これからも何かとご相談に乗って頂く事があるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。」


最後に

今回は、相談に乗ってもらったお礼を伝えるときの敬語と文例についてご紹介しました。

相談に乗ってもらったお礼は、恥ずかしがらず、言葉にしてシッカリと伝えましょう。

【スポンサーリンク】