森の中の写真

花粉症はとても、辛いですよね。そんな時、なんとかしてこの花粉症の症状を和らげたいと考えると思います。

そんな時に、花粉症対策として、花粉症に効く食べ物や飲み物を摂取して、少しでも症状を和らげる事が出来たら嬉しいですよね。

そこで、今回は花粉症に効く食べ物と飲み物をご紹介します。

反対に、花粉症を悪化させてしまう食べ物についても一緒に記載しますので参考にしてください。

※花粉症対策に効果のある食べ物と飲み物を色々と調べたところ、即効性のあるものと即効性はないけど花粉症に効果テキメンなものと色々とあることが分かりました。

【スポンサーリンク】

花粉症に効果のある食べ物と飲み物

花粉症対策としてオススメしたい食べ物は、下記の通りです。

花粉症に効く食べ物9選

  • 青魚
  • タマネギ
  • ふき
  • レンコン
  • わさび
  • しそ
  • キクラゲ
  • ヨーグルト
  • ビワの種

次に花粉症に効果があると期待されている飲み物は、下記の通りです。

花粉症に効く飲み物4選

  • 甜茶
  • ヤクルト
  • カルピス
  • ルイボスティー

青魚に含まれるDHAやEPAは、血流を良くしてくれる食べ物として知られていますが、鼻詰まりを起こす「ロイコトリエン」の発生を抑止する働きもあります。

また、ワサビ成分は、花粉のアレルゲンタンパクを別物質に変える働きがあったりとそれぞれの食材で様々な理由により花粉症の症状を和らげてくれる効果が期待されています。

この中でも特に効果が期待されていて即効性のある食べ物はビワの種です。

今回は、ビワの種について詳しくお話ししていきたいと思います。

ビワの種は、なぜ花粉症に効くのか?

ビワのイラスト

どうして、ビワの種が花粉症に効くのでしょうか?

その理由を説明する上で、最初に「花粉症に効果のある市販薬」についてご説明します。

まず、花粉症対策の薬として市販されている薬のほとんどは「抗ヒスタミン剤」を主成分としています。

この抗ヒスタミン剤が作用することで、くしゃみや、鼻水、目のかゆみ等の花粉症のあの辛い症状を抑えてくれるのです。

しかし、この「抗ヒスタミン剤」は、強い眠けや喉が渇く、まぶたが重くなるなどの副作用も引き起こすため、仕事などに支障が出るので薬を飲みたくない。といった声が多数あると思います。

そんな悩みを解決してくれるのが、ビワの種なのです。

ビワの種には、アミグダリンという素晴らしい物質が含まれています。

その物質には、

・血液浄化作用
・抗ガン作用
・鎮痛作用
・殺菌作用

といった効果がるのですが、このアミグダリンの働きのおかげで、花粉症対策の薬にとても似た働きをしてくれる成分を生み出すのです。

その仕組みは「アミグダリン」が体内で酵素分解によりチオシアネート安息香酸という二種の成分に変化します。

なんと、その二種の成分が上記で説明した、花粉症に効く市販薬に含まれている「抗ヒスタミン」の作用に大変にた働きを持つのです。

だから、花粉症のあの辛いくしゃみ、鼻水、目のかゆみ、肌のかゆみなどに効果を発揮してくれるのです。

ビワの種の嬉しいところは、薬と違って「強い眠気」等の副作用がないこと!

【スポンサーリンク】

ビワの種の摂取方法

先ほど説明したように、ビワの種は花粉症対策にピッタリな嬉しい効果が期待されてます。

しかし、ビワの種をそのまま食べるのは結構、大変。

ですので、ここで登場するのが、ビワの種の粉末です。

粉末状にしたビワの種だったら、飲み物として簡単に摂取する事が出来ますね。

飲み方としては、粉末状のビワの種をお湯に溶かして飲んだり、ホットミルクやヨーグルトに入れて混ぜて食べるのもオススメです!

花粉症を悪化させてしまう食べ物と飲み物

花粉症の症状が辛い女性のイラスト

最後に花粉症を悪化させてしまう可能性のある食べ物と飲み物についてご紹介します。

花粉症を悪化させてしまう食べ物と飲み物

  • トマト
  • なす
  • ホウレンソウ
  • タケノコ
  • バナナ
  • キウイ
  • パイナップル
  • メロン
  • ソーセージ・ハム
  • アルコール
  • 辛いもの

花粉症の人の体内に、花粉が入ると、アレルギーの免疫反応が起こります。

そして、ヒスタミンやセロトニンなどの化学物質が多く発生してしまいます。

こうした化学物質が、花粉症のあの辛い症状である「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」などの症状を引き起こす原因なのです。

そして、その化学物質を含む食材を摂取してしまうと更に症状が悪化してしまいます。

なので、花粉症に悩んでいる方はこのような食材は避けるほうが良いでしょう。

上記でご紹介したヒスタミンやセロトニンなどの化学物質が含まれている食材は、トマト、なす、ホウレンソウ、タケノコ、バナナ、キウイ、パイナップルなどです。

しかし、この食材は加熱調理をした場合は問題は軽減されます。

そのほかの食材は直接的に花粉症の症状を引き起こすものではありませんが、ハムなどに含まれる亜硝酸塩などは過敏性を高める刺激物質であり、これらも悪化させてしまう可能性があります。

そしてお酒も末梢神経を刺激してしまうため、症状を悪化させてしまう可能性があるので避けるほうが無難でしょう。

花粉症対策にはビワの種が効果大!

花粉症対策として、即効性のある食べ物のビワの種をご紹介しましたが、今では粉末状のものが販売されており、お湯で溶かしたりなどして飲み物として、簡単に摂取する事が出来るようになりました。

効果がある方では、朝、ビワの種の粉末をお湯で溶かしたものを飲んで出かけると、その日1日快適に過ごせたり夜、グッスリ眠れたりなど、いいことが沢山あったそうです!

また、ビワの種には花粉症対策だけでなく血液がサラサラにキレイになったり、いろいろな病気の予防、そして便秘解消なども効果もあると言われていますので、毎日の習慣として取り入れてみてもいいじゃないでしょうか?

花粉症の症状に毎日苦しい!と悩んでいる方は是非、生活に取り入れてみてください。

【スポンサーリンク】