飲み過ぎず、程よい量だったらとっても美味しいお酒ですが、飲み過ぎたあとのあと、気持ち悪さといったら本当に辛いですよね。

二日酔いになってしまったあとの対策方法を別記事でご紹介しましたが、今回は、酔いにくいお酒の飲み方についてご紹介したいと思います。

二日酔いに即効、効く食べ物・飲み物!苦しいときの対処法

二日酔いになってしまったら、食べ物や飲み物など工夫して早く、体調を改善するようにしますが、

酔いにくい飲み方が、あったら最初から酔わないで済むから、嬉しいですよね。

ですので、今回は酔いにくいお酒の飲み方・対策をご紹介

なんと・・その方法は、居酒屋などで座る時に、ある工夫をすれば良いのです!

【スポンサーリンク】


酔いにくいお酒の飲み方

【お酒】酔いにくい飲み方・対策!座る位置が大事だった!

早速ですが、酔いにくいお酒の飲み方のポイントは、なんと・・!

居酒屋などの座り方にあります!

座る時に、よくおしゃべりをされる方の左に座ると酔いにくくになります。

座り方で酔いにくくなるのは、なぜ?

まず、この方法で酔いにくくなる理由を伝える前に、お酒に酔うという事について知っておいてほしいです。

お酒に「酔う」というのは肝臓でアルコールを処理しきれなくなった事で起こる症状です。

ですので、酔いを抑えるには肝臓の代謝能力を高めれば良いってわけ!

私たち、人間の肝臓右側のあばら骨の下の裏側にあります。

ですので、そこを刺激してあげれば、肝臓の代謝能力を高め、お酒に酔いにくくなるというわけです。

【スポンサーリンク】

刺激を与えるには

刺激を与える方法として、1番有効なのが体を右にひねる

そうする事で脊椎が肝臓を刺激してくれます。

もちろん、自分で意識して右側にひねれば良いが、よく話す人を向く事で自然と体がひねられて、酔いにくいお酒の飲み方に自然となってるという素晴らしい方法です!


まとめ

とても美味しいお酒

だけど、付き合いで飲みにいかないといけない事が多い人にとっては結構な苦痛ですよね

そんな時に、この酔いにくいお酒の飲み方を使えば、翌日のあのダルさも軽減されるかもしれませんね!

是非、使ってみて下さい☆

【スポンサーリンク】