贈り物のお礼!プレゼントや手土産など受け取った時の言葉・例文

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

贈り物(プレゼント・手土産)などを受け取った時のお礼の言葉と例文」についてご紹介しています。

贈り物を貰うととても、嬉しい気持ちになりますよね。

家に招待した際の手土産やプレゼントなど受け取る機会もあると思います。

そんな時に、ありがとうございます。と感謝の気持ちを伝えるだけでは、なんだか素っ気ないです。

そこで今回は、ビジネスシーンでも利用できる、

贈り物を受け取った時のお礼言葉と例文について記載しています。

【スポンサーリンク】


贈り物を受け取った時のお礼の言葉

お礼の基本フレーズ

これは、これはご丁寧に

訪問者からの手土産、お礼の品、引っ越しのあいさつの品などを受け取るときの言葉

例⇒「これは、これはご丁寧に、ありがとうございます」

例⇒「これは、これはご丁寧に、恐れ入ります」

珍しいものをありがとうございます

旅行や出張に行った人からお土産を貰ったと時に使う言葉

ありがとうございます。に、「珍しいもの」と加えることで、

お土産の価値を理解してる事を伝えることが出来る

受け取ったあと別の日に改めてお礼を言う場合

先だっては、お気遣いいただきまして

「この間はありがとうございます。」より丁重に聞こえる言葉

贈り物をもらった時に次に出会ったり電話で話ししたときに使う言葉

礼状を書いたとしても言葉を交わす機会に改めてお礼を言うのがマナー

重宝しております

贈り物をした場合、相手の役に立っているか気になるものなので

「便利なもの」「使い勝手がよいもの」として重宝しておりますとの言葉は相手を安心させるフレーズである

【スポンサーリンク】

食べ物を受け取った時

美味しくいただきました

食べ物を贈っていただいた時のお礼の言葉

例⇒「先日は○○をお届けいただきまして、ありがとうございました。美味しくいただきました」

めったに口にできないものをいただき

こちらも食べ物を贈っていただいた時のお礼の言葉

例⇒「めったに口にできないものをいただき、大変うれしく思っております」

金銭をいただいた時のお礼

過分なおこころざしをいただきまして

お見舞い金など金銭をいただいた時に使う

世間並の金額の場合でも、大人のマナーとして「過分なおこころざし」と相手に感謝の気持ちを伝える


最後に

贈り物を受け取った時のお礼は、大人のマナーです。

シッカリと言葉にして感謝の気持ちを伝えましょう。

【スポンサーリンク】