浜崎あゆみが19日放送の生特番「Mステ ウルトラ FES 2016」で

生歌」を披露した。

「M」「SEASONS」「evolution」といずれも、

浜崎あゆみの代表曲。

しかし、その生歌を聞いた視聴者からは

酷評のコメントと

称賛のコメントという賛否両論のコメントが殺到した。

【スポンサーリンク】

浜崎あゆみ「生歌」に賛否両論

浜崎あゆみさんが19日放送の生特番(テレビ朝日系)「Mステ ウルトラ FES 2016」で

「M」「SEASONS」「evolution」の3曲を披露した。



しかし、いずれの曲でも声量が足りてなかったり、

高い音程が出ていなかったりなど、昔の浜崎あゆみさんのキレイな高い歌声とは、

とても、違う歌声だった。


歌姫と呼ばれていた浜崎あゆみさんも、年齢とともに、

声が出にくくなってしまうのは、仕方ない事だが、その変わりように、Twitterでは

「やっぱ音程きついのかな」
「わたしが知ってる浜崎じゃない」
「何歌ってるか分かんない」

という酷評のコメントが殺到した。

しかし、

「やっぱり、かっこいいよ」
「こんな『アーティスト』居ない」
「ちょっと感動しちゃった」

という、称賛のコメントも殺到したのだ。

【スポンサーリンク】

でも、どうしてこのように

コメントがはっきりと割れたのだろうか?

調べてみると、それには、浜崎あゆみさんの「難聴」が関係しているみたい。

浜崎あゆみさんは、2000年に「突発性内耳障害」を患ってコンサートツアーを延期している。

突発性難聴は、何の前触れもなく、耳が聴こえなくなる病気らしいです。


そして、2008年1月4日にファンクラブ会員向けの公式サイト「Team Ayu」で

「左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断された」

と発表しています。



今回の「MステSP」にも左耳が聴こえない状態で出演していた可能性があり、その状態で

歌い上げた浜崎あゆみさんに称賛のコメントが殺到したことが予想できます。



※左耳は現在も、機能してないのか所属事務所「エイベックス・マネジメント」に

問い合わせをしたが、担当者不在で回答は得られてないという。

浜崎さんの左耳は今なお機能していないのか、所属事務所「エイベックス・マネジメント」へ9月20日に問い合わせたが、「広報部が終日外出している」とのことで回答を得られなかった。

引用元:livedoor.news

最後に

あゆは、永遠の歌姫!

これからも、応援していきたいです!

【スポンサーリンク】