このページは「【不仲の原因は倖田來未?】SMAP解散の原因・理由の真相」についてまとめたものです。

国民的アイドルグループSMAPが、

2016年12月31日をもって正式に解散することが報道されましたね。

2016年1月に解散・独立報道がありましたが、解散はしないことが決定し、一安心してた矢先

結局「解散」という報道が流れてしまい、個人的にはとても残念に思っています。

しかし、その解散の原因が様々、噂されているようです。


キムタク木村拓哉の裏切りに香取慎吾が激怒し、その不仲が理由で解散?

また、倖田來未が原因なのでは?なんていう話も出てきたようです。

SMAP解散の理由について、真相を調べまとめてみました。

【スポンサーリンク】

SMAP解散の原因・理由

【不仲の原因は倖田來未?】SMAP解散の真相まとめ!キムタク木村拓哉の裏切りに香取慎吾が激怒だけではなかった?

出典:http://news.livedoor.com/article/image_detail/11945029/?img_id=10980393

SMAPのプロフィール

  • デビュー年:1988年
  • 所属事務所:ジャニーズ事務所
  • 中居正広さん(リーダー)
  • 木村拓哉さん
  • 稲垣吾郎さん
  • 草なぎ剛さん
  • 香取慎吾さん
  • 以上5人が所属する歌手グループ

日本人なら知らない人がいない!といってもいいほど人気のある国民的グループ

その人気は、不動のものになっているといっても過言ではないと思う。

歌手活動だけでなく、ドラマ、バラエティー、ラジオなど幅広い活躍をされています。

2016年1月に解散独立報道が

2016年1月にSMAPの解散や、独立などの様々な報道がありました。

その解散報道の原因となったのが、

SMAPのマネージャーを務めていた飯島三智さんとメリー喜多川副社長の不和だと言われています。


社内で派閥争いがあり、メリー喜多川副社長から

マネージャーの飯島三智さんが退社を迫られたため、

SMAPとともにジャニーズから独立しようとした。と言われています。


しかし、その独立は木村拓哉さんのある動きにより阻止される形となりました。

【スポンサーリンク】

SMAP解散・独立に対しての木村拓哉の動き

SMAP解散・独立に対して木村拓哉さんの動きとは、どんなものだったのでしょうか?

飯島三智マネージャーとSMAPメンバーは、ジャニーズ事務所を退所し独立して

芸能活動する方向で話が進んでいました。


しかし、ギリギリの段階で木村拓哉さんが翻意したため、独立騒動の問題がこじれてしまい、

結局解散も独立もせず、ジャニーズ事務所に全員残るという結果となったみたいです。

この木村拓哉さんの行動は、奥様の工藤静香さんの助言もあったそうです。

木村以外の4人は11月末までに、売れなかったデビュー当時から苦楽をともにしたIさんについていく決断を下した。しかし、最後まで木村は、ジャニーズ事務所との確執がないのに退社はできないと悩んでいたという。

木村が“残留”を選んだのには、もう一つ大きな理由があった。妻で歌手、工藤静香の存在だ。2000年当時、トップアイドル同士の結婚を過剰すぎる報道にならないように守ったのがメリー氏。静香は恩義を感じており、関係者によれば「メリーさんを裏切るようなことはできない。子供のことも考えて残ってほしい」と夫を説得したという。長女(14)、次女(12)ら家族を守る一家の大黒柱でもある木村は12月半ばに事務所に残ることを決断した。

引用元:http://www.sankei.com/entertainments/news/160114/ent1601140010-n2.html

メンバーの中で、木村拓哉さんは唯一の既婚者ですから、様々なことを考えて残るという決断をされたのでしょう。



また、木村拓哉さんは結婚時など過去に色々とあったため、恩を感じていたのかもしれません。

これは、工藤静香さんも同様のこと


工藤静香がバーニング系に所属していたため、バーニング側は結婚を機に、キムタクまでもを傘下に収めようと画策したというのだ。事実、バーニングは二人の交際を積極的にアピールしていたりと好意的な反応であった。

それに対して、妊娠をしていると報告を受けたメリー喜多川氏は工藤静香に中絶させることを真剣に検討したといわれている。しかしさすがにバーニング系のタレント工藤静香に対してそれを実現させることは無理だった。

この際、キムタクに結婚と妊娠を認めさせる代わりに、事務所側は契約更改などをキムタクに求めたと報道されている。このときの恩義があったため、今回はキムタクのみがジャニーズを独立しなかったとの見立てもある。

以上のようなことから、2016年1月の解散騒動や独立騒動は、落ち着きました。

しかし、2016年8月に残念なことに

SMAPの解散が正式発表されました。

【スポンサーリンク】

SMAPの解散が正式発表

2016年12月31日をもって、SMAPの解散が発表。

SMAPの解散発表時のメンバーのコメント全文

SMAPメンバーのコメント全文を載せます。

中居正広「ファンの皆様、関係各位の皆様、我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…」

稲垣吾郎「ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが『解散』という形を取らせて頂く事になりました。どうか僕達の意志をご理解頂けたらと思います。28年間本当にありがとうございました」

木村拓哉「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情けない結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

香取慎吾「ファンの皆様、そしてスタッフ関係者の皆様。僕らSMAPは解散いたします。応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます」

草なぎ剛「この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います」

SMAP解散の理由

SMAP解散の理由は、メンバーの不仲にあったようです。

香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんから、活動休止よりも

解散にしたいとの希望があり、解散に至ったようです。


様々な不仲説や解散説があり、その中でも多かったのが

木村拓哉さんと中居正広さんの不仲説


しかし、それよりも深刻な問題が1月の解散、独立騒動により起こってしまったようで、それが最終的には解散という結果を引き起こしたのでは?と言われているようです。

それは、木村拓哉さんと香取慎吾さんの不仲説


事情を知る関係者の証言。

「今回の震源地は中居ではなく、飯島氏を母のように慕っていた香取慎吾。騒動の落とし前で飯島氏が芸能界追放となったことが許せず、木村との関係は完全に終わっている。本人はジャニーズに固執しておらず、9月で契約を終了してフリーになるようだ」すでに香取がその旨を周囲に報告しているという情報もある。

2016年1月の独立騒動にて飯島三智マネージャーとSMAPの独立は失敗に終わりました。

それにより、飯島三智マネージャーは芸能界追放となってしまいました。


これを受けて、飯島三智マネージャーを母のように慕っていた香取慎吾さんは

SMAPの独立失敗、裏切りをしたと言われている木村拓哉さんとの間に深い溝が出来てしまったようです。


また、木村拓哉のハワイ旅行も解散の原因といわれているようです。

木村拓哉のハワイ旅行が最終きっかけ?

木村拓哉さんのハワイ旅行が解散の最終的なキッカケになったのでは?という話もあるようです。

あるテレビ局関係者は「そもそも“ハワイバカンス”が直訴の引き金になったようだ」とこう指摘する。

「今月初めに家族とバカンスを過ごすためにハワイ入りしていた木村ですが、ハワイにはジャニーズ事務所の メリー喜多川副社長、娘の藤島ジュリー景子副社長も合流する予定になっていたのは知られているとおり。 “休業”と決まった後、ハワイで木村を中心に、今後のSMAPの活動プランを話し合う場になっていたはず」

香取ら解散直訴組の4人は全員、木村がハワイに滞在していることは知っていた。ただし、そこにメリー、 ジュリー両氏が合流し、自分たち抜きで今後の方針を話し合うとは思わなかったというのだ。

「そんな事情を察知した4人は当然、猛反発しますよ。それで“解散直訴”に大きくかじを切ったのではないか」(前同)

しかし、木村拓哉さんがハワイ旅行で不在の間に

すでに他の4人で解散を決めていたとの事でした。


だが8月10日、事態は急変。木村を除く4人がジャニー社長を訪れると、話は一気に解散へと加速した。

「香取さんが、“休止後に活動を再開する可能性はないのだから、潔く解散した方がよい”と進言したそうです。中途半端にファンを 期待させるべきではない、と。草なぎさんと稲垣さんも彼の言葉に同意を示したといいます。最も悩んだのは中居さんでした。

これまでのSMAPは中居・木村という長兄の意見に下の3人が従ってきた形です。でも、今回は年少メンバーが初めて自分の意志を主張した。しかも、社長を前にして。よほどの決意だったのでしょう。その光景を目にして、中居さんも折れたようです。存続はもう無理だ、と。彼らの意を汲み、解散に同意する他なかった」(前出・音楽関係者)

4人の意向を受けて、翌11日の執行役員会議で解散が正式決定。


と、このようにSMAPの独立失敗の原因は木村拓哉さんの裏切りと言われており、

このことから、香取慎吾さんと2人の間に深い溝が出来てしまったようと言われてました。



しかし、ここで新しい情報として倖田來未さんの名前が出てきたのです。


エキサイトによると、倖田來未さんと中居正広さんの交際が原因で、SMAP分裂の危機を招いた可能性があるというのだ。



その問題の記事全文がこちら

9月8日発売の週刊新潮が「紅白を拒否する『SMAP』は大金持ちの四十路のお子様」という特集を掲載し、注目が集まっている。

「今回、週刊新潮は過去にあったSMAPの解散危機について伝えました。記事によると、メンバー内に亀裂が生じたのは、木村拓哉が独立を画策した時期。さらにその後、『今度は中居正広を外そう』という話に、他の4人が乗っかる動きを見せた時があったそうです。しかしその際は、某テレビ局のプロデューサーが、4人を必死に説得し、元の鞘に戻したとのことです」(芸能記者)


この週刊新潮の記事では、4人が“中居外し”という流れに至るまでの経緯については触れられていなかった。だが、ベテランの芸能記者によると、中居とあの歌手との熱愛がSMAP分裂の危機を招いた可能性があるという。


「倖田來未ですよ。香取慎吾は過去、SMAPのアルバムに収録されたソロ楽曲で倖田とコラボしているのですが、それからもSMAPのライブに倖田が飛び入り参加したり、逆に倖田のライブに香取が参加するなど、芸能人嫌いで知られる香取が珍しく交流を深めていった女性でした。しかしその後、倖田と中居の交際が発覚。その事実に香取は大きなショックを受けたようです。これ以降、グループの雰囲気は一変し、中居は当時のマネージャーにも知らせず、黙って交際していたということで、他のメンバーとの溝はさらに深くなっていったと言われています」


今回の解散報道では、香取と草なぎ剛による「壊れていたのは昨日今日に始まったことではない」という発言が一部週刊誌で取り上げられ、話題となった。その言葉の裏には、中居との確執という意味も込められていたのだろうか。

とのこと

しかし、これを読むとメンバー内に不仲があったのは確かなのだろうか?

ファンとしては、解散はとても残念だが、これからのメンバーの活躍に期待したいですね。

SMAPの今後の活動は全員ソロ

気になるSMAPの今後の活動は、

メンバー5人全員がジャニーズ事務所に所属して、それぞれソロ活動をするとのことです!


それぞれ、個性があり幅広い分野で活躍されてきた方達なので、ソロになっても活躍が楽しみですね!


▼関連記事

【SMAP解散後の活動】香取慎吾と稲垣吾郎はタレント引退?草なぎ剛は韓国へ?

【スポンサーリンク】