料理を楽しんでいるカップル

焼き魚って、とっても美味しいですよね。

最近は、お肉よりも魚を食べる機会が増えてきたようが気がする管理人です。苦笑

でも、魚を自宅で焼くのって結構、面倒だし何より、魚焼きグリルの掃除が、本当に大変・・・

特に、受け皿とか網の焦げ付きがなかなか取れないからイライラしちゃいますよね!

そこで、今回は魚焼きグリルの焦げ付きも簡単に落とす掃除方法をご紹介したいと思います!

網や受け皿などキレイに掃除して、美味しい魚をいっぱい焼いちゃいましょう!

【スポンサーリンク】

受け皿の掃除方法

ガスコンロ

まずは、受け皿の掃除方法です。

魚焼きグリルの受け皿をキレイにする方法3つ

  • 片栗粉を使う
  • 重曹を使う
  • グリルストーンを使う

1.片栗粉を使って掃除する方法

方法はとっても簡単です!

これは掃除というよりは汚れを予防する方法です。

魚を焼く前に片栗粉を大さじ4杯と水200mlを混ぜてください。

それを受け皿に、入れてください。

そのまま魚を焼いて、グリル内の熱が下がるまでそのまま放置しておいてください。

そうすると脂も一緒に固まり、ペラっとキレイに剥がれます。

※よく冷ましてからはがしてくださいね。やけどに注意!

2.重曹を使って掃除する方法

この方法もとっても簡単です。

受け皿に、水ではなく代わりに重曹を敷き詰めておいて下さい。

何回かそのまま使い汚れてきたら、そのままゴミ箱に捨てて下さい。

重曹は、脂を吸ってくれるので残った重曹で擦れば、キレイになります。


▼掃除に万能な重曹

3.グリルストーンを使う

煙が出るもの防いでくれて、さらに落ちた脂を吸収。

それだけでなく敷いた石の遠赤外線効果で魚をふっくらと焼き上げてくれます。


▼グリルストーン

網の掃除方法

魚焼きの網

魚焼きグリルの網をキレイにする方法

  • セスキ炭酸ソーダと重曹を使う
【スポンサーリンク】

1.セスキ炭酸ソーダと重曹を使って掃除する方法

まず、網の油汚れからキレイに落としていく為に、セスキのスプレーを使います。

セスキのスプレーは、セスキ炭酸ソーダ5gと水500ccをまぜて、スプレーボトルに入れるだけです。

油汚れがひどいところに、セスキスプレーをかけてたわしなどで擦って落としてください。

次に、重曹大さじ1と熱湯を魚焼きグリルの受け皿に入れて網が浸かるようにに置いて下さい。

そして、少しの間放置し、たわしやスポンジなどで擦って水で洗い流せば完了です。

もし、汚れが落ちない場合は、メラミンスポンジなど使うと良いと思います。


▼セスキ炭酸ソーダ


▼メラミンスポンジ

魚焼きグリルの掃除は意外と簡単

今回は、魚焼きグリルの受け皿と網の焦げ付きの掃除方法についてご紹介しました。

魚焼きグリルをキレイにする方法まとめ

  • 片栗粉を使う
  • 重曹を使う
  • グリルストーンを使う
  • セスキ炭酸ソーダと重曹を使う

定期的に、掃除をしておかないと焦げ付きや油汚れがこびり付いてしまいます。

しかし、今回紹介した方法ならとっても簡単です。

まず、予防法として、片栗粉と水を混ぜたものや重曹などを敷いておけば、油汚れやこびり付きを防止できます!

そうすることで掃除がとっても楽になります。

そして、網の焦げ付きは、セスキ炭酸ソーダと重曹の魔法スプレーでキレイに掃除しちゃいましょう!

【スポンサーリンク】