夜中、歯が痛くて起きた・・・

歯が痛いときは、何をやっても痛くて眠れないし仕事にも集中できない

そんなときに、役立つ応急処置をご存知ですか?

歯が痛いときの応急処置として、ツボを押すと一時的ですが痛みを和らげることが出来ます。

もちろん、歯医者に行くことが1番ですが深夜や、どうしても抜け出せない会議中など、

歯が痛いときの応急処置として、ツボを押す方法をご紹介します。

【スポンサーリンク】

歯が痛いときの応急処置

歯が痛いときの応急処置としてツボを押そう!

歯が痛くて、痛くて我慢できないときは、歯医者に行くのが1番です。

しかし、深夜だったりどうしても抜けれない用事があるときに、一時的ですが痛みを和らげる方法があります。

それは、「下関(げかん)」というツボを押すことです。

【スポンサーリンク】

下関(げかん)とは?

歯が痛いときの応急処置としてツボを押そう!

下関は、耳の穴から頬骨の方向に、指四本分ほど離れたところにあるツボです。

口を開けると、盛り上がりができる部分あたりです。

その部分を指で揉むように刺激してみましょう。

そうすれば、痛みが和らいできます。

最後に

これは、あくまでも一時的な応急処置です。

何度も言いますが、あまりにも痛みがひどい場合は、歯医者にいくことをお勧めします。

【スポンサーリンク】