キレイにカールされているまつげ

キレイに上がったまつげはパッチリな瞳を作るのにマストですよね。

そのまつげを上げるアイテムとして、ビューラーが一般的に使われていますが、そのビューラーを使ってもまつげが上がらないとお困りの方もいると思います。

そんなときにオススメする裏ワザをご紹介!

そして、ビューラーの効果をしっかりと出すための正しい使い方も合わせてご紹介します。

この方法で、まつげが上がらないと悩んでた方もバッチリ解決してパッチリ瞳を手に入れちゃいましょう!

ビューラーを使ってもまつげが上がらない方へちょっとしたコツで上がる裏ワザ3つをご紹介!
ビューラーの正しい使い方も知って合わせて使おう!

【スポンサーリンク】

まつげが上がらないときの裏ワザ

キレイな瞳

ビューラーを使ってもまつげが上手く上がらない時に是非、活用してほしい裏ワザ3つを紹介します。

この方法はどれも簡単な方法ばかりで、今お使いのビューラーにひと手間加えるだけで、まつげがキレイに上がるようになります。

まつげをキレイにカールさせるコツ

  1. コットンを詰める
  2. ビューラーを温める
  3. カールした後に冷やして固定

1.コットンを詰める

ビューラーを使ってもまつげが上がらないときは、コットンをビューラーに少し詰めてみよう!

コットンを詰めるだけで、根元からまつげを立ち上げてくれるスーパービューラーに大変身します。

方法はとっても簡単です。

手順

ビューラーのゴムの部分を外す

ビューラーのまつげを挟む部分のゴムをとってください。

コットンを詰める

ゴムを外した部分にコットンを少し詰めてください。

また元の場所にゴムを戻す

ゴムを元の場所に戻してください。

これで完了!

これだけで、ビューラーの威力がアップされ、今までまつげが上がらないと悩んでた方もバッチリ!

これを使って下記に紹介している「ビューラーの正しい使い方」を参考にまつげを上げてください。

ビューラーを温める

この方法は、結構知られている方法ですが知らない方もいるかもしれないので紹介しておきます。

この方法はビューラーを温めることで、まつげにも熱が伝わりキレイにくるんとカールしてくれます。

手順

ビューラーを温めてください。

今お使いのビューラーをドライヤーなどで温めてください。

温めたビューラーを使ってまつげを上げる

その温めたビューラーを使い、下記に紹介している「ビューラーの正しい使い方」を参考にまつげを上げてください。

たったそれだけで、ビックリするくらいまつげがキレイにカールされます!

カールした後に冷やして固定

この方法は、まつげをビューラーで上げたあとに冷やしてそのカールを固定しちゃう方法です。

手順はとっても簡単です。

手順

ビューラーを使いまつげを上げる

いつも通りまつげをビューラーで上げてください。

(うまく上がらない時は、下記の「正しい使い方」を参考に3ステップで上げてみてください)

冷蔵庫でビューラーを冷やす

まつげがキレイに上がったら、ビューラーを冷蔵庫に入れて冷やしてください。

大体1分ほどで冷えます。

冷えたビューラーでまつげを再度、上げる

冷えたビューラーを使いさっき上げたまつげをなぞるようにもう一度カールさせます。

これで完了です!

他の裏ワザと合体させて使うとより効果が上がります!

ビューラーを温めて、カールしてキレイに上がったらビューラーを冷やしカールしたまつげを固定させます。

これで、キレイにカールされたまつげが固定されて、1日ずっとパッチリな目でいれます!

ビューラーを2つ用意しておいて、冷蔵庫にストックしておくのもグッド
温めたビューラーを使いキレイにカールしたら、冷やしておいたビューラーでカールしたまつげを固定させるという方法もあります。
すると、上がったまつげを長持ちさせてくれます!

ビューラーの正しい使い方

ビューラー

ここで、さらに効果をアップさせるために正しいビューラーの使い方もご紹介します。

ビューラーを使用する際の大きなポイントは「まつげを3段階に分けて上げていく」こと

根元から順に、3段階で上げていきます。

まつげを上げる3段階

  1. 根元
  2. 根元と毛先の中間あたり
  3. 毛先

この順番にはさんであげていきます。

力の入れ加減に関しては、下記のとおり意識していきましょう。

ビューラーの力加減

  1. 1の根元は少し強めの力
  2. 2の中間部分は、やや弱め
  3. 3の毛先は弱め

以上を意識してあげていきます。

手順

1の根元部分にビューラーをあて3回ほど少し強めに挟む

ビューラーをまつげの根元にあてて3回ほど少し強めにはさんでください。

上手くまつげが挟めない場合は指でまぶたを上げると挟みやすくなります。

2のまつげの中間地点で再度挟む

1のまつげの根元部分がシッカリと上がったら、まつげを引っ張らないように注意しながら中間部分まで移動し、再度挟んでください。

この時、握り手ごと上に持ち上げてください。

3のまつげの毛先部分を軽く挟む

2の中間部分が終わったら、まつげを引っ張らないように注意しながら毛先部分まで移動してください。

そして、軽く挟んでください。

毛先は、毛質が細い繊細な部分なので優しく挟んでください。

ビューラーを使用する際のポイント

ビューラーを上げるときは手首だけを上げるのではなく、ヒジ全体を動かすようにビューラーを上げましょう。

そうすることで、まつげ全体がキレイに上がりやすくなります。

ビューラーでもまつげが上がらない方はちょっとひと手間加えれば上がる

今回は、ビューラーを使ってもまつげが上がらないときの裏ワザをご紹介しました。

ビューラーのゴムの部分が古くなってくると、カールの効果が減ってしまう時があります。

そんな時は、コットンをつめてぎゅっとまつげを挟みキレイにカールさせる方法がオススメです。

あとは、熱の力を借りてキレイにカールさせる方法もグッドです。

髪の毛をカールさせる時も温めてカールさせ、冷やして固定させますよね。それと同様に、まつげも同じようにすれば1日中キレイなカールが長持ちします。

どれもすごくカンタンなものばかりです。色々な方法を試してあなたに合った裏ワザを見つけてみてくださいね!

【スポンサーリンク】