言い過ぎた時の謝り方!職場や彼氏、彼女にも

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

言い過ぎた時の謝り方・謝罪」についてご紹介しています。

度を超えた発言や、言い過ぎた時はスグに謝罪するのがマナーです。

ついつい、感情的になり言い過ぎてしまい、

相手に不快な思いをさせてしまったという経験がは誰しもあるでしょう。

そんなミスを犯してしまったら、シッカリと誠意を込めて謝罪しましょう。

今回は、色々なシチュエーションに合わせて、言い過ぎた時の謝り方をご紹介します。

職場の方だけでなく、彼氏・彼女と喧嘩してしまった時の謝り方としても、参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

言い過ぎた時の謝り方

syazai_business_man

彼氏や彼女と喧嘩してしまった時や、

仕事関係の方に言い過ぎてしまった場合など、様々なシーンで使えるフレーズを集めました。

基本フレーズ

言い過ぎてしまってごめんなさい

喧嘩をしてしまい、仲直りをしたい時に謝罪する基本的なフレーズ

謝罪を切り出すのは、なかなか難しい事ですが、先手必勝

自分から謝り、関係がギクシャクしてしまう前に、謝罪するのがベターです。

暴言でした。取り消します

感情がエスカレートして、

ついつい乱暴な言葉を口にしてしまった時にそれを反省して使うフレーズ

何の気なしに言った言葉が原因で相手を不愉快にさせてしまった場合

失礼いたしました。不用意な発言でした

うっかり無責任な発言をしてしまった時に、

その発言を指摘された時その発言に問題があったことを素直に詫びるフレーズ

軽はずみな発言だったと反省しています

何気なく発した言葉で相手を傷つけたり、

不快な思いをさせてしまった時に謝罪する時に使うフレーズ

自分の言葉が「軽はずみ」だったと気づいた時点ですぐに謝るのがマナー

疑問君疑問君

自分の意図したものが伝わらず、
相手に不愉快な思いをさせてしまった時は
どのように、謝ればいいの?

【スポンサーリンク】

自分の意図したものとは別の事が伝わってしまった場合

言葉が足りなかったかもしれません

自分が意図した事が相手にシッカリ伝わらず

不快な思いをさせてしまった場合などに用いるフレーズ

相手の理解不足をせめずに、自分の説明不足だった事を謝罪し、

もう一度シッカリ説明すると良いでしょう

私の言葉に意を尽くせないところがございました

こちらの説明を相手が誤って受け取ってしまい、問題が生じてしまった場合など、

相手の聞き間違いを責めるのではなく、

こちらの非を認め謝罪するほうが、話がスムーズに進み、そのあとの関係も良好になる

不愉快させてしまったら、ごめんなさい

自分では正しいことを述べてるつもりでも、相手からしたら、正しくないと思われる事

または、アナタには言われたくない。今は聞きたくない。など

色々な事情で、相手が不快な思いをしてしまう事もあります。

相手の態度に、反発を感じたら、不愉快にさせてしまった事に対して詫びるほうが、人間関係を良好に保つマナーです。

部下など目下の人へ言い過ぎてしまった場合

感情的になって悪かったね

部下などの目下の相手に、厳しい態度やキツイ態度をしてしまった場合に用いるフレーズ

たとえ、目下の相手であっても、言い過ぎたと思ったら、反省と謝りの言葉を述べたほうが良い

最後に

普段の生活の中で、ついつい感情的になって言い過ぎてしまって

後悔するといった経験は誰しもあります。

もう言ってしまった言葉自体は、取り消す事は出来ませんが、

その発言に対して、シッカリ謝罪するかどうかで、相手の印象は、まったく異なります。

言い過ぎてしまった時は、素直に謝りましょう。


▼謝られた時の返事についても別記事でご紹介中!

謝られた時の返事!上司への返し方5選!

【スポンサーリンク】