意見を述べる敬語!上司に反論・言いにくいことを伝える言い方・例文

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

上司などに反論・言いにくいことを伝える言い方!意見を述べるときの敬語・例文」についてご紹介しています。

言いにくいことを上司などに

伝えなければいけない場面などありますが、どのように伝えていいか迷いますよね。

しかし、相手の考えと自分の考えが異なる場合は、

シッカリと相手に意見を述べることをしなければなりません。

特に仕事などの場合は、シッカリと自分の意見を相手に伝えて話し合うことも大切です。

しかし、下手に指摘や注意をすると相手のプライドを傷つけ、

そのあとの人間関係を崩してしまう可能性もあります。

そこで、今回はビジネスシーンでも利用できる、

反論言いにくいことを伝える言い方についてご紹介していきます。

意見を述べるときの敬語と例文も記載しますので参考にしてください。

【スポンサーリンク】

意見を述べるときの敬語

意見を述べる敬語!上司に反論・言いにくいことを伝える言い方・例文

言いにくいことを伝える言い方基本フレーズ

おっしゃることは、よくわかりますが

相手の意見に反論する時、真向からの反論は避けるのが無難です。

相手の気持ちを踏みにじるような言葉は、

好ましくなくまずは、相手の意見を認めることが大切

例⇒「なるほど、おっしゃることは、よくわかりますが、私としては、○○~」

私もあなたの立場でしたら、そう言うと思うんですが

相手の苦しい立場を理解していることを最初に示し「しかし~」と反論すればよい

どんなものでしょうか

大人社会には、意見をはっきり言うより、

いい加減な返事をしておいたほうがいい場面がある

相手の話しに同意しないにしても

ここで反論すると角が立つ場合には、どちらともとれる返事をしておく

お言葉を返すようですが

冷静さを保つためにも相手の言葉を受け止め、

感情的にならず言い分を理解したうえで、

「お言葉を返すようですが」と丁寧に切り出すといい。

【スポンサーリンク】

そこが大事なポイントだと思います

相手とは、見解の違いがあり、反論したり異議を唱えたりする場合の切り出し方

「そこが大事なポイントだと思います」と切り出し、話をいったん止めて自分の意見を伝える

そのあたりは、見解の分かれるところですね

会議などで、相手の見解と違う場合

「違います」というと角が立ちそうなときに使うとよい

大筋では、そうかもしれませんが

会議や商談などの席では、

相手の意見を認めてから、反論するのも一つの方法

二、三、質問してもよろしいでしょうか

相手が上司となると、なかなか反論もしにくいもの

そんなときは、反論の仕方を変えてみるのも一つの手

一度、相手の意見に了承し、そのあと切り出す

例⇒「なるほど、わかりました。二、三、質問してもよろしいでしょうか」

落ち着いて考えてみましょう

相手が感情的になっていると感じたときに、

相手を落ち着かせる為のフレーズ

例⇒「お互い、落ち着いて考えてみましょう」

最後に

相手に意見するのは、なかなか勇気がいりますよね。

しかし、自分の考えを相手に伝えることは大切です。

言いにくいことを伝える、様々な言い方を覚えておきましょう。

【スポンサーリンク】