言い訳する人の特徴と心理!その理由とは?

このページは「言い訳する人の特徴。言い訳をする理由・心理」についてご紹介しています。

何かをする前に、言い訳をする人いませんか?

試験の前に「忙しくてあまり勉強できなかった」

何か大きな仕事の前に「今週は忙しいから時間あるかな・・・」

といったように、何かをする前に言い訳をする人は意外といるかと思います。

では、その人達はどうして、そのような言い訳をするのでしょうか?

今回は、言い訳をする人の特徴心理理由についてご紹介します。

どうして、言い訳をしてしまうのか、理由を知れば納得です。

【スポンサーリンク】

言い訳をする人の心理・理由

まず、言い訳をする人の心理・理由についてお話しします。

試験当日に、「忙しくて全然勉強できなかった」と言う方いませんか?

やる前から「できない理由」をアピールする人がいます。

そういった、わざとダメだった時の言い訳を作ることを、心理学では

セルフ・ハンディキャッピング」といいます。

セルフ・ハンディキャッピングとは?

言い訳する人の特徴と心理!その理由とは?

セルフ・ハンディキャッピングとは、何かをする前にその成功を妨げるような障害を自ら作り出したり、

障害があることを主張したりすることをいいます。

主に、どういったものなのかというと

自信がない」「体調が悪い」などの事情を口に出したり、

難しすぎる」「日程的に無理」「時間がない」などの環境のせいなどにするなど、わざわざ不利な状況を作り出すものです。

【スポンサーリンク】

言い訳をする人の特徴

言い訳する人の特徴と心理!その理由とは?

先に、こういった言い訳をしておけば、たとえ失敗したとしても

「○○なのだから、仕方ない」と失敗のショックを和らげることが出来ます。

そのため、自信がない人ほどセルフ・ハンディキャッピングをしてしまう傾向があります。

つまり、言い訳をする人の特徴としては、主に自信がない人に多い傾向があるのです。

もし、成功したとしても、「○○だったのに上手くできた!」と成功の価値を高めることができるので、

どちらに転んでも自分にとって都合のいい言葉なのです。

言い訳をする人は成功率が下がる?

セルフ・ハンディキャッピングをする人は、しない人に比べると

成功する確率が下がってしまうというデータもあります。

言い訳を用意しておくことで、「逃げ腰」な姿勢になり成功を遠ざけてしまうのです。

本音ちゃん本音ちゃん

確かに、言い訳しておくと失敗しても大丈夫。ってどこかで思ってしまってるかも

だから、言い訳してない人に比べたら、言い訳してる人のほうが、失敗してしまう確率が高くなってしまうのかもしれないわね。

最後に

何かをする前に、言い訳をすることで失敗したときのショックを和らげることが出来るので、

言い訳しておいたほうがいいじゃん!

と思わるかもしれませんが、上記でも述べたように、言い訳があることで、

「もし、失敗しても○○だからしょうがない」と逃げ腰になり、成功から遠のいてしまいます。

たまには、逃げ腰を作らず全力で何かに挑戦してみることも大切です。

【スポンサーリンク】