このページは、「目覚めが悪い・寝起きが悪い原因とすっきり解消して寝起きを良くするにはどうすればいいか?」をご紹介しています。

目覚めが悪い寝起きが悪いのをすっきり解消する簡単な方法・裏ワザがあるのを知ってますか?

しっかり寝たはずなのに、目覚めが悪い朝・・・

布団から、なかなか出れず、寝起きが悪い朝・・・

そんなお悩みの方も多いはず!

そこで、オススメしたいのが、今回紹介する寝起きを良くする方法です。

寝起きを良くするには、まずは原因を知って、朝起きた時に「アレ」をするだけ!

【スポンサーリンク】

目覚めが悪いのをすっきり解消する方法

目覚めが悪いを解消!寝起きを良くするにはアレをするだけ?

寝起きを良くするには、ずばり!

体温を上げるのが1番です!

睡眠中は、身体を休息させるために、脳が全身の代謝量を減らして体温を下げる指示を出しています。

そのため、朝になってもなかなか温かい布団から抜け出せないという状態になってしまうのです。

これが、目覚めが悪い・寝起きが悪い原因なのです。

これを改善するためには、体温を上げるのが1番です。

体温を効率的に上げるには、足の屈伸がオススメです。

寝起きの時に実際に出来る足の屈伸の方法についてご紹介します。

寝起きをすっきり良くするには、体温を上げるのがオススメ
体温を上げるには、足の屈伸をすると良い!

【スポンサーリンク】

足の屈伸の手順

まず、仰向けの状態で足を伸ばしてください。

そして、足首をゆっくりと大きくアキレス腱が伸びるのをしっかり感じながら数回、屈伸させてください。

そうしているうちに、爪先から下半身全体が温まってきます。

足を屈伸すると体温が上がる理由

足は第二の心臓とも呼ばれています。

動かすことで、身体中に血液を運ぶポンプのような役目を果たしているのです。

ですので、足首の屈伸する運動だけでも、十分に血の巡りを良くすることが出来るのです。

血の巡りを良くすることで、体温が上がり、寝起きを良くすることにつながります。

最後に

今回は、「目覚めが悪い・寝起きが悪いのをすっきり解消して、寝起きを良くするにはどうすればいいか?」をご紹介しました。

朝、起きた時に足の屈伸するだけなんて、とっても簡単ですね!

とっても簡単な方法ですので、「あーなんだか目覚めが悪いな」と感じた日の朝には、是非試してみてください!

【スポンサーリンク】