顔を洗う女性

朝、忙しいから顔をシッカリ洗わないという方は結構多いみたいです。

あとは、昨晩シッカリ洗って保湿とかしたからさっとお湯だけで洗うという方もいます。

ですが、これは本当に肌に良いのでしょうか?

朝、顔を洗わないとどうなる?

女性なら誰しも気になるところを調べてみました。

朝、顔を洗わないとお肌はどうなってしまうのか?
そして、肌にやさしい洗顔法とはどういうものなのか?ご紹介します。

【スポンサーリンク】

朝、顔を洗わないとどうなる?

洗顔する女性

朝、ぬるま湯だけでさっと洗うだけの洗顔をしてる方も結構、多いと思います。

冬になると乾燥が気になって、洗顔料を使わずぬるま湯だけで洗顔を済ませてしまう方もいます。

しかし、ぬるま湯だけでは、汗やほこりなどの汚れは落とすことができますが、夜の間に出る皮脂や肌に塗った化粧品などの油性の汚れは落とすことができません。

残ってしまった汚れは酸化して肌を刺激するため、かえって肌を乾燥させる原因となってしまいます。

ですので、朝の洗顔にも必ず洗顔料を使うようにしましょう。

洗顔料は、洗ったあと肌がつっぱらないタイプを選び肌にやさしい洗顔法を身につけるようにしましょう。

洗顔後の肌をチェック

洗顔料を使った洗顔のあと、肌の状態をチェックしてみましょう

まだ肌のベタつきが気になるときは、その部分だけ軽く二度洗いします。

もしも、肌がつっぱったり、カサついたりするときは、洗顔により脂質(皮脂と角質細胞間脂質)を取りすぎてしまってる可能性があります。

バリアの要である角質細胞間脂質は、一度失われると回復までに時間がかかります。

その間は、肌のバリアが弱くなってしまうため、普段なら、かぶれないような成分にも反応して肌あれを起こすこともあります。

つまり洗顔が、乾燥肌や肌あれを起こしてしまう原因にもなりかねないのです。

ですので、肌にやさしい洗顔料と洗顔法を身につける事が何よりも大事です。

肌にやさしい洗顔法について、下記で説明していきますね。

【スポンサーリンク】

肌にやさしい洗顔法

せっけん

洗顔をする時は、どうしても擦ってしまいがちです。

その摩擦から肌に刺激を与えてしまい、乾燥などの原因になってしまいます。

なので、最後に泡洗顔で角層のバリア機能を守りながら肌をキレイにする洗顔法をご紹介します。

洗顔の手順

自分の手をまずはキレイに

顔を洗顔する前に、まずは自分の手をキレイにしましょう。

ぬるま湯で手を洗い清潔に

洗顔料を卵1個分ほどの大きさまで泡立てる

手のひらに、洗顔料をだし水を混ぜながら反対の手の人差し指、中指、薬指でよく混ぜて泡立ててください。

このとき、卵1個分ほどのもちもちの泡ができるまで続けてください。

※もし上手く泡立たない方は、泡立てネットを使用してもOKです。

泡をTゾーンにのせる

泡をTゾーン(額、鼻、あご)など皮脂の多い部分にのせていきます。

このとき、なるべく指が肌に触れないように注意

泡をUゾーンにのせる

泡をUゾーン(頬、目元、口元)など残りの部分にものせる

ぬるま湯で泡を落とす

ぬるま湯(33~36度ほど)で泡を落とすようにすすぐ。

最低でも20回はすすいで洗顔料が肌に残らないようにしましょう

清潔なタオルで水分を吸い取る

清潔なタオルで顔にスタンプを押すように、肌を軽く押さえて水分を吸い取りましょう。


▼オススメ洗顔料

朝、顔を洗わないとかえって乾燥する

乾燥を気にして朝起きた時は、顔を洗わない!と思っている方は、かえってその行動が肌を乾燥させてしまっている可能性もあります。

洗顔料をつかってしっかりと洗わないと、皮脂や肌に残った化粧品の油性などの汚れは残ってしまいます。

その汚れは、酸化して肌を刺激してしまい結果、乾燥の原因にもなってしまうのです。

肌がどうしても乾燥しがちと気になる方は朝の洗顔料や洗顔方法を見直してみてください。

今回は、肌にやさしい洗顔法も一緒にご紹介したので是非参考にしてください!

そのほか、肌の乾燥や敏感肌の原因となる20個の行動についてまとめました。

気になる方は、敏感肌の原因となる行動!ストレス?乾燥?普段何気なくやってる事が原因だった!を参考にしてください。

【スポンサーリンク】