朝、光が眩しい・・・目が開けられない

そんな悩みをお持ちではありませんか?

そこで、今回ご紹介するのは朝、眩しくて目が開けられない方にオススメする目覚めをよくする方法です。

【スポンサーリンク】

眩しくて目が開けられない場合は?

朝眩しい!目が開けられないとお悩みの方へ

起床時間になっても朝の光が眩しすぎて、目を開けられない・・・

そんなお悩みの方は、片目ずつ開くことをお勧めします。

目を片目ずつ開く

光が眩しくて、目を開けられないときは、

両目でなく片目ずつ目を交互に開けてみるよいいでしょう。

すると、スムーズに目が覚めていく感覚を感じられるはずです。

起床直後に、眩しさを感じたり、頭がぼんやりしたりするのは

脳の処理能力がまだ、整っていないことが原因だと考えられます。

ですので、片目ずつ目を開くことで、

目に入る光やその他の景色の情報量が半分で済むというわけです。

ですので、片目ずつ目を開くことでスムーズに目が覚めていきます。

【スポンサーリンク】

鼻も片方ずつ

また目だけでなく、朝は鼻も片方ずつ使うことをオススメします。

片方の鼻を指で押さえて、もう片方の鼻だけで10秒ほど大きく呼吸をしてみてください。

このように、左右の鼻を交互に使うことで、自律神経が活発化する効果が期待できます。

痛みや違和感などがある場合は

眩しくて目が開けられない日が続いたり、痛みや違和感がある場合は、

眼科にいくことをお勧めします。

最後に

朝、光が眩しくて目が開けられないときの対処法としてご紹介しました。

是非、活用してみてください。

【スポンサーリンク】