相談する時の敬語文例!上司に相談したい時の仕方!ビジネス文書にも

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

上司に相談したい時の仕方・相談する時の敬語・文例」についてご紹介しています。

仕事で悩みごとがあって、上司に相談したい

自分の知識や経験では解決できないことを上司に相談する

など、ビジネスシーンでは「相談する」という行為は、とても大切です。

仕事が出来るビジネスマンは相談の仕方もうまいです。

困った事を周りの人達からの知識を借りてすぐに解決し仕事をこなしていきます。

今回は、実際に使われている文例・敬語

一緒にご紹介しますので相談するときの参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】


相談する時の敬語・文例

相談したい時の基本フレーズ

少しお時間をいただいてよろしいでしょうか

相談を持ちかけるとき、いきなり本題を切り出すのは

相手に迷惑をかけてしまう場合があるので、まずは前置きをしてから本題に入る

例⇒「ご相談したいことがありまして、少しお時間をいただいてよろしいでしょうか」

すみません。相談にのっていただけませんか

相手の時間をさいてもらうことへの感謝を表すため、

「すみません」を最初につけて話すとよい

【スポンサーリンク】

お知恵を拝借したいのですが

私より賢いのでぜひ、教えてほしい」という意味を含むので、

仕事関係、私生活と様々な場面で使えるフレーズ

どうにも私どもの手に余る問題がありまして

自分の知恵や経験では、解決できない事を認め、

年配者やその道のプロに相談する時に用いる言葉

○○のことで頭を痛めておりまして

相談内容を話すとき、ダラダラと話すと何を悩んでいるのか伝わりにくい時がある。

相談の案件を伝えてから、内容を具体的に話す。

例⇒「実は娘のことで頭を痛めておりまして」

最後に

悩んでいる時に、相談にのってくれる相手がいることはそれだけで感謝です。

相談するときは、相手の時間の都合なども確認してから相談するようにしましょう。

【スポンサーリンク】