【いわたりの言葉・ねぎらいの言葉】ビジネスで使える敬語7選!

このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える

いわたりの言葉・ねぎらいの言葉」についてご紹介しています。

普段生活をしている中で相手の事を思って、ねぎらいの言葉やいたわりの言葉をかける機会はあると思います。

入院してしまったり、不慮の事故、悪口を言われてしまった場合など、いたわりの言葉をかける機会は、結構多いです。

しかし、どう声をかけてあげたらいいか、迷うところですし、上司などの目上の方へのねぎらいの言葉の敬語の使い方などは、難しいものですよね。

仕事が出来るビジネスマンは、相手の気持ちを汲み取って言葉をかけるのも、とてもうまいです。

ですので、それを参考に様々なシチュエーションでの「いたわりの言葉・ねぎらう言葉」について記載していきます。

【スポンサーリンク】

いたわりの言葉・ねぎらいの言葉

基本フレーズ

お疲れになりましたでしょう

目上の方をねぎらう言葉として基本的なフレーズ

「お疲れ様でした」も基本的なフレーズだが、疑問形にすることで会話が生まれ、コミュニケーションになる

大変だったね。ご苦労様でした

部下や目下の人をねぎらう言葉

部下が何かをやり遂げた時など、ねぎらいの言葉をかけてあげれば、自分の事を見てくれてるという自覚が芽生えたり、アナタの信頼度もアップすることでしょう

くれぐれも大事になさってください

病み上がりの人へのいたわりの言葉

例⇒「退院後こそ、お大事になさってくださいね」

【スポンサーリンク】

とんだ災難でしたね

不慮の事故にあってしまった方へのいたわりの言葉

過去形にすることで、どん底はもう脱した!と元気づけることもできる。

ご心痛のほどお察しいたします

家族が入院された場合などにいたわる言葉

例⇒「お母さまが入院されたと伺いました。ご心痛のほどお察しいたします」

お役に立てることがありましたら、どうぞお声かけください

悩み事や困ってる方へ援助を申し出る言葉

押しつけがましくない好意を伝える事が出来ます。

言いたい人には言わせておきましょうよ

悪口や、ありもしない噂をたてられてしまった人へのねぎらう言葉

この言葉には、私はそんな悪口気にしてませんよ、私はアナタの味方です。という意味が込められている

まとめ

めぎらいの言葉は、かけてもらえると嬉しいものです。

しかし、伝え方次第では相手の気持ちを逆なでてしまう可能性もありますので、場面に応じた声のかけ方を覚えて使っていきましょう。

【スポンサーリンク】