缶切りがない!!

バーベキューやキャンプに出かけた際に、缶切りを忘れた!と慌てちゃいますよね。

そんな時に、とても助かる!

缶切りの代用方法として、どのようなものがあるかご紹介します。

缶切りがないときの代用品としては、スプーンを使うことは多いと思いますが、スプーンさえも、ない!といったときに大変、便利な方法が調べてみると・・ありました。

今回は、スプーン以外の方法で、缶切りがないときの代用方法をご紹介

災害時などにも、活躍する方法なので、スプーン以外の代用方法も、万が一に備えて覚えておきましょう!

【スポンサーリンク】


缶切りがない時の代用方法

まずは、冒頭でご説明したとおり、スプーン以外の方法をご紹介します。

スプーン以外の方法

石やコンクリートに擦り付けるだけの簡単な方法

フタの面を下にして、石やコンクリートに強くこすり付けて下さい。

そして、側面を指でグっと押してみて下さい。

そうすると・・・アラ不思議!

フタが簡単に取れます!

指や手を切らないように注意!

詳しい方法は、こちらの動画が分かりやすいので参考にしてみて下さい↓

【スポンサーリンク】

スプーンを使う方法

ここで、おまけですが、スプーンを使った代用方法もご紹介しておきます。

フタの端のくぼみをスプーンでこすり、ある程度こすったらスプーンを突き立てます。

数か所にスプーンで穴を開ければあとは簡単にフタを開けることが出来ます。

指や手を切らないように注意!

最後に

今回は、缶切りがない時の代用方法をご紹介してきました。

これで、万が一の時も慌てず缶詰を開けることが出来ますね!

キャンプやバーベキューだけでなく、災害時にもコンクリートや石など硬いものがあればどこにいても、強く擦り付けてフタを簡単に外すことが出来ます。

だけど、何度も言いますが、手や指を切らないように気をつけて下さいね!

【スポンサーリンク】