【ベッド処分方法3選】料金や費用無料だけでなくお小遣いまでゲットする方法

使わなくなったベッドの処分方法が分からず、困ってる。

料金や費用かからず、無料で処分してもらえる方法なんて本当にあるの?

そんな声をよく、聞きます。そこで今回は意外と知らない!?ベッドの処分方法についてご紹介。

料金や費用が掛からない無料の処分方法から、もしかしたらお小遣いまでゲット出来ちゃう方法まで幅広くご紹介!

各方法のメリットとデメリットも合わせてご説明しますので、自分に合ったものを選び、ベッドを賢く処分しちゃいましょう。

▼ベッドを処分しなくてはいけなくなってしまう前に、行っておきたいカビ対策・予防とは?

布団やマットレスのカビ対策!防止・予防が重要!

【スポンサーリンク】

ベッドの処分方法

ベッドの処分方法は、料金や費用が無料のものなど

様々ありますが主に下記の通りです。

1.粗大ゴミとして出す
粗大ゴミとして近所のゴミ捨て場に捨てる方法
2.不用品回収業者に依頼する
あなたの代わりにベッド処分の面倒な手続きを代行してくれる
3.リサイクルショップに売る
処分しようとしてるベッドが中古品として買い取ってもらえる可能性も!

これらの処分方法の手順とそれぞれのメリット・デメリットを合わせてご紹介していきます。

1.粗大ゴミとしてゴミ捨て場に捨てる

ただゴミ捨て場に置いておけば持っていってくれるわけではありません。

自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう方法が一般的かと思います。

大体の自治体で、ベッドは「粗大ゴミ」として引き取ってくれます。

各自治体ごとに、流れや条件などは異なりますが、一般的には下記のような流れで引き取ってもらいます。

【ベッド処分方法3選】料金や費用無料だけでなくお小遣いまでゲットする方法

自治体に依頼する際の流れ

  • 事前に自治体にベッドを捨てたい旨を連絡をする
  • 捨てるベッド用の粗大ゴミシールを購入する
  • 粗大ゴミシールをベッドに貼ってゴミ捨て場に置く

粗大ゴミは基本的には有料制の為、事前に自治体に連絡をし処分するものに合わせた金額のシールを購入しなくてはいけません。

※市によっては、ベッドを無料で回収してくれる地域もあるそうです。

あなたがお住まいの地域によって、異なりますので自治体に金額や回収方法などをお問い合わせ下さい。

【メリット】粗大ゴミとして出す

・どういったベッドを捨てたいのか(サイズや種類等)を伝えて、事前に自治体に電話で相談ができる

・自治体に依頼するものなので金額的に安心感がある(相場は、大体数百円~)

・お住まいの地域によっては無料で回収してくれる場合もある

・体が不自由な方やお年寄りの方は手伝ってもらえる場合がある

【デメリット】粗大ゴミとして出す

・事前に自治体にベッドを処分したい旨、伝えないといけない

・処分するベッドに合った、粗大ゴミ用のシールを購入しないといけない

・申し込み後、1、2週間待たされてしまうケースもある

・自分でベッドをゴミ捨て場まで運ばないといけない

・ベッドが玄関から出ない場合などは自分で解体作業をしなくてはいけない

【まとめ】粗大ゴミとして出す

お住まいの地域によっては、運び出しが困難な高齢者のひとり暮らしの方や、身体に障害のある方などは、自治体の方がベッドを運んでくれる場合もあるらしいです。

しかし、こちらの2点に当てはまらない場合は、基本的にご自身でゴミ捨て場までベッドを運ばないといけません。

女性の一人暮らしには、ちょっと大変ですね。

【スポンサーリンク】

2.不用品回収業者などに依頼し、処分する方法

廃棄業者や不用品回収業者とは、ご家庭などで不要になった粗大ゴミなどを回収して代わりに処分をしてくれる業者さんのことです。

つまり、あなたに代わって代行でベッドの処分などをしてくれる、代行処分屋さんみたいな感じです。

一般的には下記のような流れで引き取ってもらいます。

【ベッド処分方法3選】料金や費用無料だけでなくお小遣いまでゲットする方法

専門業者に依頼する際の流れ

  • 不用品回収業者に連絡しベッドを処分したい旨を伝える
  • 家に来てもらって、処分する費用はどれほどか見積もりを出してもらう
  • 金額に問題がなければ、依頼をする
  • 回収する日の希望日時を伝える

上記のような流れが基本ですが、業者によって異なりますホームページやお電話などで詳しくお問い合わせ下さい。

金額に納得がいかない場合はもちろん断ることも、出来ます。

基本的には、依頼をしたあとにベッドを回収してもらう希望日を伝えるとその指定した日にベッドの回収にきてくれます。

【メリット】不用品回収業者に依頼

・業者にベッドを捨てたい旨を伝えると早い場合で当日に来てくれる場合もある

・ベッドを回収してもらう日や時間などの希望を指定出来る

・回収作業は、業者の方が行ってくれるので、ベッドの持ち運びを自分でする必要がない

【デメリット】不用品回収業者に依頼

・相場の金額がバラバラ。各業者によって金額にばらつきがある為、相場というものがあまり分からない

・自治体に依頼するよりも値段が高くなってしまう場合がある

【まとめ】不用品回収業者に依頼

自分でベッドを運ぶ必要がなく

業者の方が回収から処分まで全て行ってくれるのでとても助かりますが、

1000円~1万円など業者によって料金にバラつきがあります。

どうしても急ぎですぐに処分したい!

そんな方は、不用品回収業者に依頼するのが1番早いです。

料金は高めですが、破棄回収などのプロですので、スピーディーに回収を行ってくれます。

3.リサイクルショップにベッドを売る

リサイクルショップとは、中古品や未使用品などを売買する業態の店舗のことで、

あなたが処分しようとしてるベッドを、運が良ければ中古品として買い取ってもらえる場合もあります。

しかし、中古品のベッドは使いたくない。という方は多いとので、

ベッドは中古品としての需要は少ないといわれています。

よってベッドを引き取ってくれるリサイクルショップも、数少ないです。

このような理由から買取金額は微々たるものかもしれませんが、

無料や格安で処分をしてもらえる可能性もあるので、リサイクルショップに問い合わせしてみても損はないです。

【ベッド処分方法3選】料金や費用無料だけでなくお小遣いまでゲットする方法

リサイクルショップに依頼する際の流れ

  • リサイクルショップに連絡をしベッドを売りたい旨を伝える
  • 家に来てもらって売りたいベッドの金額査定をしてもらう
  • 金額に問題がなければ、依頼をする
  • 回収する日の希望日時を伝える

今は、無料で自宅まで来てこちらが売りたいものを見て値段を算出してくれるリサイクルショップもあるので、

無料の出張査定を行ってくれるリサイクルショップを探して相談してみてもいいかもしれません。

金額に納得がいかない場合はもちろん、断ることも出来ます。

【スポンサーリンク】

【メリット】リサイクルショップに売る

・自分の希望する日に査定にきてくれる

・中古品として買い取ってくれる場合がある(お金が貰える)

・中古品としての買取が無理な場合でも、格安・無料でベッドを回収してくれる可能性がある

・ベッドの回収作業は全てリサイクルショップの方が行ってくれるので、自分で運ぶ必要はない

【デメリット】リサイクルショップに売る

・中古品としての買取が出来なかった場合、格安でベッドを回収してくれる場合もあるが、提示された金額が妥当か分からない

・ショップによっては、しつこく営業などをされてしまう場合もある

【まとめ】リサイクルショップに売る

出張買取を行っている、リサイクルショップであれば

自分で運ぶ必要がなく、ショップの方が回収から処分まで全て行ってくれるので大変、便利です。

しかし、ものによっては中古品としての買取りが出来ず有料での回収というケースになってしまい、

後で調べたら他の方法のほうが安く済んだといったケースもあります。

まずは、あなたがお住まいの自治体に料金を事前に確認しておく事をオススメします。

【ベッド処分方法3選】料金や費用無料だけでなくお小遣いまでゲットする方法のまとめ

ここまで各方法について細かくご紹介しましたが、

実際のベッドの処分の流れで無駄なく処分できる流れの一例をご紹介します。

【ベッド処分方法3選】料金や費用無料だけでなくお小遣いまでゲットする方法

1.自治体に依頼した場合の料金を最初にチェック!

あなたがお住まいの地域の自治体のホームページなどを参考に、料金をまずはご確認下さい。

その料金を基本的に、他の業者などの料金を比べて1番お得な方法で処分依頼されることをオススメします。

2.リサイクルショップに査定を依頼してみましょう

無料出張査定などを行っているリサイクルショップを探し、

処分する予定のベッドが中古品として買い取ってもらえるか査定をしてもらいましょう。

上記で説明したとおり、ベッドの中古品の需要は残念ながら、あまり多くはないです。

しかし、中古品として買い取ってもらえる可能性は0ではないので、リサイクルショップに査定をお願いしてみましょう。

また、中古品としての買取りが無理だった場合も、「無料でベッドを回収」してくれたり「格安で回収してくれる」場合もあります!

その場合の料金もしっかり確認しておきましょう。

上記のような流れで料金や掛かる手間などを比較し、決めるのがベスト!

最後に

いかがでしたか?

今回は、ベッド処分方法をご紹介してきました。

このように、様々なベッド処分方法がありますが、

地域や生活環境、処分するベッドの種類や大きさなどにより、合う処分方法は異なります。

色々な方法があるという事を念頭に置き様々な事を比較し、

自分に合ったものに決めるのがストレスなくベッド処分が出来ると思いますので是非、参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】